2020年 9月 26日 (土)

あの「ビビッドアーミー」が誰得な企画  広告画像3000種類を見続ける27時間生放送へ

エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   ドワンゴが運営する動画サービス「niconico」のニコニコ生放送で2019年12月24日~25日、オリジナル番組『「ビビッドアーミー」広告画像3000種以上を27時間見続ける生放送』が放送される。

   23日、ドワンゴから発表された。

  • 「ビビッドアーミー」広告画像3000種以上を27時間見続ける生放送(プレスリリースより)
    「ビビッドアーミー」広告画像3000種以上を27時間見続ける生放送(プレスリリースより)
  • 「ビビッドアーミー」広告画像3000種以上を27時間見続ける生放送(プレスリリースより)

3000種類だけど「選りすぐり」

   ゲーム自体はプレーしたことはないかもしれないが、ネットをよく使う人なら、広告は何度も見たことがある――それが、「ビビッドアーミー」だ。CTW(東京都港区)が運営するブラウザゲームだ。自らの軍隊を率いて敵と戦う、いわゆるストラテジー(戦略)ゲームに属する。12月26日からは漫画「進撃の巨人」とのコラボ企画も行うなど、積極的な展開が行われている。

   とはいえこの作品の名前をいろいろな意味で高めたのはむしろ、ネット上に出稿されているバナー広告だ。

   多くの広告は、登場する女性キャラクターをフィーチャーしている。ところがそのイラストは直接的にではないものの、やけに扇情的なムードを漂わせているものが多いのである。それがウェブメディアも含め多種多様なサイトに、大量に配信されているため、日ごろゲームに興味がないような層でも、否応なしに目にすることになるのだ。ツイッターなどではさまざまな意見も呼びつつも、最近ではある種の「ネタ」として面白がるような向きも......。

   今回の生放送ではクリスマスイブ・24日の夜21時から、翌25日24時までの27時間、ひたすらこの「ビビッドアーミー」の広告を放送する。取り上げられるのは実に3000種類、とのことだが、これでもなお「選りすぐり」とのことだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中