2020年 7月 13日 (月)

「おぞましさこそが、私の商品価値なのです」 村西とおる、炎上アワード受賞に「身に余る光栄」と満悦

印刷
ビルベリー由来アントシアニンがピント調節機能をサポート!

   2019年も押し迫る12月下旬。J-CASTニュース編集部記者は都内にある某事務所を訪ねた。待つことしばし。応接室に現れたのは、「AVの帝王」として名高い村西とおる監督(71)だ。

   J-CASTニュース編集部では、今年一年のネットを盛り上げ、熱く「燃えた」人物を表彰する「炎上アワード」を2018年から開催。2019年の受賞者の一人として、村西さんを選出した。「毀誉褒貶を顧みず、何物も恐れず走り続けてきたその生き様」、そしてネット配信されたドラマ「全裸監督」の大反響がその授賞理由だ。この日は表彰状・トロフィーを手渡すとともに、インタビューを行うべく、村西さんの元を訪問したのである。

  • 第2回炎上アワードを受賞した村西とおる監督
    第2回炎上アワードを受賞した村西とおる監督
  • 賞状とトロフィーを手に微笑む村西とおる監督
    賞状とトロフィーを手に微笑む村西とおる監督
  • 「全裸監督」キービジュアル
    「全裸監督」キービジュアル
  • 「M/村西とおる狂熱の日々 完全版」ポスター
    「M/村西とおる狂熱の日々 完全版」ポスター
  • 第2回炎上アワードを受賞した村西とおる監督
  • 賞状とトロフィーを手に微笑む村西とおる監督
  • 「全裸監督」キービジュアル
  • 「M/村西とおる狂熱の日々 完全版」ポスター

ビニ本をトラックに積んだ時点から尾行されていた!

   表彰式が終わって始まったインタビューで村西さんは開口一番、次のように語ったのだった。

「よく、『賞罰なし』と申しますけども、私は罰こそ多かれど、賞には丸っきり縁がなく、賞を頂いたのは本当に生まれて初めてです。感動でございます。まさにエクスタシーです。日本で6回、アメリカで1回の計7回逮捕された身としては身に余る光栄であります」

と、自らの逮捕歴を交えつつ、受賞の喜びを語った村西さん。村西さんといえば、「前科7犯」「懲役370年」「借金50億円」といった、実に刺激的な数字と共に語られることが多い人物であるが、そんな村西さんの半生を描いた「全裸監督」が、今年大きな反響を呼び起こしたことは記憶に新しい。同作の舞台は1980年代で、作品中では村西さんがあの手この手を使って検問をはじめとする警察の摘発を免れるシーンがあるが、それについて聞いてみると、

「当時はね、本当に、いつも警察に尾行されていたんですよ。ビニ本(※注・ビニール本:書店で中身を見られることがないように透明なビニールで包装された成人雑誌)を印刷所でトラックに積んだ時点からです。で、何とかそれを巻いて、公園の近くの路上などで別の車に積み替える。まあ、今の世の中では皆さんスマホを持っていますから、何だかんだで足がついてしまいますが、当時はそのような文明の利器はなかったですからね......昔懐かしい話ですよ」

と、昭和の香りあふれる当時を振り返った。続けて村西さんは、

「私は文字通り、恥ずかしきことのみ、多かりし身ですからね。『前科7犯』『懲役370年』『借金50億円』なんて奴いないでしょ、そんな人あなたさまの周りに。でも、この『おぞましさ』こそが、私の商品価値なのです。特に、ハワイでFBIで逮捕された際に求刑された『懲役370年』ですが、こんなのは、はっきり言って死んだほうがまし。ついうっかり死刑囚に憧れてしまいましたよ。なぜなら、『懲役370年』というのは、仮に4回寿命を全うしたとしても、まだ、日本には帰れないのですから」

   ※村西さんは1986年、米国・ハワイでの撮影の際にFBIに逮捕され、裁判で懲役370年を求刑されるも、司法取引が成立したため、無事、日本に帰国することができた。

   実に刺激的なトーク回しの村西さん。これらの伝説は40代以上の人々にとっては、まさに、リアルタイムで見聞きしたことだろうが、20代、30代の人からすると、「テレビの村西とおる特集で見た」「又聞きで聞いたことがある」か、もしくは、「聞いたことがない」というのが正直なところだろう。

   ただ、そのような世代にも、今年公開された「全裸監督」を見て、村西さんの半生を知った人は多いはずだ。そこで、同作品から若い人に何を感じてほしいかを村西さんに聞いてみた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中