2020年 8月 8日 (土)

欅坂46、深紅で踊る神曲「不協和音」 抜擢された2期生は...

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   大みそか恒例の「第70回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが東京・NHKホールで行わている中、2019年12月30日午前には欅坂46(4年連続4度目の出場)が登場、本番同様の衣装とフォーメーションダンスで「不協和音」を踊った。ファン・メンバーにとって「神曲」と言われるほど評価が高い同曲は、紅白歌合戦では2年ぶりの披露となる。

  • 「不協和音」リハーサルでの欅坂46
    「不協和音」リハーサルでの欅坂46
  • センターの平手友梨奈さん(中央)
    センターの平手友梨奈さん(中央)
  • レーザー光が飛び交う演出の中、激しいフォーメーションダンスが繰り広げられる
    レーザー光が飛び交う演出の中、激しいフォーメーションダンスが繰り広げられる
  • 「不協和音」リハーサルでの欅坂46
  • センターの平手友梨奈さん(中央)
  • レーザー光が飛び交う演出の中、激しいフォーメーションダンスが繰り広げられる

2年前は体調不良で倒れるハプニング

   29日の音合わせでは綿密に振付や立ち位置を確認していた欅坂46のメンバー。17年の第68回ではこの曲を踊り切った直後に一部のメンバーが体調不良で倒れるハプニングが起きた。2年を経た今回は、19年に加入した2期生メンバーが加わってのパフォーマンスで、29日にあった囲み取材ではキャプテンの菅井友香さんが「2期生が加わってパワーアップした1年でした」「精一杯集大成を見せたい」と意気込みを語り、小林由依さんも「2年前とはまた違った新しい『不協和音』というか強くなった『不協和音』を見せられたら」と話した。

   17の「不協和音」はシルバーのロングコートとパンツスタイルという男性的な衣装だったが、今回は深紅の制服風の衣装でのステージで、衣装の色調・デザインのみならず、ステージの雰囲気も2年前と変わったものになりそうだ。

聴きどころ「僕は嫌だ!」叫ぶ2人

   「不協和音」で2度繰り返される聴きどころのセリフ「僕は嫌だ!」は、1度目のセリフに2期生の田村保乃さんが抜擢されており、紅白では初の披露になる。30日のリハーサルではイントロから息の合ったフォーメーションダンスが展開され、田村さんはセンターの平手友梨奈さんに寄り添って「僕は嫌だ!」を叫び上げた。落ちサビの2度目のセリフは恒例の平手友梨奈さんが担当。田村さんのセリフに比べると控えめで、ダンスもダイナミックというよりは小刻みな振りにとどまり、前日に引き続き平手さんの体調面の不安も残った。本番は後半4組目のアーティストとして登場する予定である。

(J-CASTニュース編集部 大宮高史)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中