2020年 12月 2日 (水)

井岡一翔、王座統一戦の相手は VSロマゴンも現実味...20年は勝負の年に

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   ボクシングのWBOスーパーフライ級タイトル戦が2019年12月31日、東京・大田区総合体育館で行われ、王者・井岡一翔(30)=Reason大貫=が、同級1位ジェイビエール・シントロン(24)=プエルトリコ=を3-0の判定で下し初防衛に成功した。今後は王座統一戦を基本線に世界4階級制覇のローマン・ゴンザレス(ニカラグア)との対戦を視野に入れており、2020年は勝負の年となりそうだ。

    初防衛戦の序盤は階級の「壁」に苦しんだ。身長で5.5センチ、リーチで12センチ上回るサウスポースタイルの挑戦者がフットワークを駆使して王者をあしらった。鋭い右ジャブで井岡の出鼻をくじき、長い距離からいきなりの左が容赦なく井岡の顔面をとらえる。約6年ぶりとなるサウスポーは懐が深く、容易に接近戦を許さない。序盤は我慢のボクシングが続いた。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

左ボディーで流れ変えた

   挑戦者に傾きかけた流れを変えたのは左ボディーだった。顔面にパンチを受けながらも下がることなく、左ボディーを打ち込んだ。1ラウンドから意識的にボディーにパンチを集め、これが徐々に効果を発揮する。ボディーを意識する挑戦者のガードは自然と下がり気味となり、顔面へのパンチが当たりだす。中盤以降、挑戦者は明らかにボディーを嫌い、スタミナを奪われていった。

   距離感も絶妙だった。自身の体格を最大限に活用するように挑戦者は左右にステップを踏み、リングを回り続けた。対する井岡は常に最短距離で挑戦者を追った。この試合で挑戦者は井岡の何倍も動き回り、これがスタミナの消耗を招いた。終盤に入ると挑戦者のパンチのキレはなくなり、体ごと井岡に突っ込み、当てるだけのパンチが目立ち、スタミナの差は明らかだった。

   ランキング1位の挑戦者を退けて初防衛に成功。井岡が次なる目標に掲げるのが王座統一で、WBC王者フアン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)との対戦を希望している。その一方で、ロマゴンが井岡との対戦を熱望しており、WBO世界フライ級王者・田中恒成(24)=畑中=は、階級をスーパーフライ級に上げる計画もあり、WBOのフランシスコ・バルカルセル会長は、井岡VS田中戦の実現を望んでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中