2020年 4月 4日 (土)

「なんという幕切れ」「キャプテン翼みたい」 静岡学園・矢板中央戦、終了間際のPK弾にネット興奮

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   試合終了間際にドラマが待っていた。全国高校サッカー選手権の準決勝第2試合・静岡学園(静岡)-矢板中央(栃木)戦が2020年1月11日、埼玉スタジアムで行われ、静岡学園が後半アディショナルタイムに獲得したPKを沈めて1-0の勝利を収めた。

   試合は、個人技に秀でた攻撃的スタイルの静岡学園が終始攻め続けるのに対し、難攻不落の守備力を要する矢板中央が隙を見せず守り続ける展開で進んだ。

  • 高校サッカー選手権準決勝が11日行われた(写真はイメージ)
    高校サッカー選手権準決勝が11日行われた(写真はイメージ)

30本近いシュートを放つもゴール割れず

   静岡学園は前後半通じ、ドリブルやスルーパス、ショートパスを織り交ぜて何度もペナルティエリアに進入。U-18日本代表でJ1・鹿島アントラーズ内定のMF松村優太らを中心に攻め、合計30本近いシュートを放った。だがゴールネットはなかなか揺らせない。

   矢板中央は主将のDF長江皓亮を中心に、ユニフォームの色にちなんで「赤い壁」と呼ばれる鉄壁の守備組織を形成。1人かわされても2人目が詰め、シュートコースはきっちりブロックする統制されたディフェンスで、ゴールを割らせない。

   こうした展開で終盤まで0-0のまま進み、いつ点が入るのか、はたまた最後まで崩れないのか、ギリギリのシーンが連続する緊迫した試合となった。

   後半アディショナルは3分と提示。うち2分が過ぎたところで、ついにその時は来た。パスを受けた松村が、試合通じて何度も仕掛けたドリブルでまたもペナルティエリアに進入した。矢板中央の選手1人を置き去りにし、もう1人が詰めると、さらに左へかわしながら切り込もうとした松村の足にかかった。これがファウルの判定となり、残り数十秒のところで静岡学園がPKを獲得した。

   そのままキッカーをつとめた松村がゴールを沈めると、静岡学園ベンチと喜びを爆発させた。この直後に試合終了のホイッスルが鳴った。前後半で決着がつかなければ即PK戦となっていたが、攻めるスタイルを貫き、最後の最後で決勝ゴールを決めた静岡学園が決勝戦にコマを進めた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中