2020年 4月 4日 (土)

新国立競技場に響いた11年ぶりの「荒ぶる」 早大ラグビー部OB記者の感慨

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「荒ぶる 吹雪の逆巻く中に...」

   早稲田大学ラグビー部の「第二部歌」である「荒ぶる」が、真冬の令和に初めてこだました。

   2020年1月11日、ラグビー大学選手権決勝。新しくなった国立競技場で行われる、初めてのラグビーだった。45-35。早大が、永遠のライバル明治大を破っての11年ぶりとなる優勝だった。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

レジェンド日比野先生「人生で男が涙を流して喜べるっていう時は、そんなにない」

   2019年12月1日に行われた伝統の早明戦(東京・秩父宮ラグビー場)で、早大は明大に7―36の大差で敗れた。ここ10年以上、帝京大に9連覇を許すなど、伝統と呼ばれたチームは「もう勝てないのか...」とまで言われた。しかし「赤黒軍団」は、5万7345人の観客の前で、見事に復活を遂げた。

   早大ラグビー部の第一部歌は「北風」と呼ばれる。「北風のただ中に、白雪踏んで」というフレーズで歌い出す。これは試合前のロッカールーム、新入部員を迎え入れる時など、要所で歌い継がれてきたものだ。

   しかし「荒ぶる」の意味合いは、違う。

   早大ラグビー部OBで、同大名誉教授、元日本代表で同監督も務めた日比野弘氏(85歳=以下、先生)は、かつて筆者に対してこう語った。1950年から歌い続けられたという「荒ぶる」について、

「『誰がこうせい』って決めたわけじゃなくて、自然に皆で『優勝して、この歌を歌おう』と。強要されないで、自然に作られて。それが、守られてきたことが素晴らしい」

   実は筆者も、早大ラグビー部OBである。毎年の夏、長野県上田市の菅平高原で、40泊近い合宿を行った。激しい試合やハードなトレーニングの日々で、年次を問わず、徐々に選手が離脱していく。そんな中、生き残った選手だけが「ダボスの丘」と呼ばれる小高い山に登り、人知れず練習することを許された歌だった。

   当時の思い出を辿ると、いわゆる「楽譜」のようなものはなかった。ダボスの丘の上で、女子マネジャーが模造紙に書いた歌詞を読みながらメロディーを覚え、それを後輩に伝えていく...という、不思議なものだったことを記憶している。

   日比野先生は、あらためて語った。

「人生において、男が涙を流して喜べる時は、そんなたくさんはない。でも『荒ぶる』を歌えるのは、そういう時だね...」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中