2020年 4月 8日 (水)

三井住友カード「番号を裏面に」の衝撃 「エンボスなし」は業界標準になるか

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

シンプルなデザインが増えつつある

   ツイッターを見ると、番号と有効期限、セキュリティコードが、ひとつの面に集約されている事への懸念も多々ある。従来の券面では、表と裏をそれぞれ見る手間があった。善人の「便利」は、悪人も同じ。一目で把握できるようになると、かえって悪用される危険性が高まるのではないかとの声だ。一方で、新デザインであれば、親指1本でも3つの情報を大部分隠せそうだ。このあたりの評価は、人によって変わるだろう。

   このところ、新規発行カードが続々と、シンプルなデザインを打ち出している。代表例が19年夏に登場した「Apple Card」(日本未上陸)だ。アップルのロゴマーク(リンゴ)と氏名、ICチップと、券面の情報は最小限にとどめられている。

   国内でも同様に、決済サービスKyash(キャッシュ)が20年初頭に発行予定のプリペイドカードが「表面にカード番号が記載されていないデザイン」を売りにしている。また、LINE Payが発行予定のクレジットカード「Visa LINE Payカード(東京2020オリンピックエンブレムデザイン)」も、19年10月時点でのデザインイメージは、非常にシンプルなものになっている。

   これらのイメージ画像を見ると、デザインよりもサービスで勝負といった気概を感じる。SMCCはこのカードを通して、「新しいスタンダード」を提案するという。業界大手の提案に、ライバル各社はどう反応するのだろう。

(J-CASTニュース編集部 城戸譲)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中