2020年 2月 25日 (火)

東出昌大不倫に志らく「芸の肥やしとか言ってね...」 軽口に国山ハセンも苦い表情

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   俳優の東出昌大さんの不倫ニュースを受け、落語家の立川志らくさんが「こうなったら開き直るしかないですね。『芸の肥やし』とか言ってね」と出演番組で発言した。前段では「彼は落語がとても好きなんで」とも述べていた。

   放送後、ツイッターでは「(妻は)これからも苦しむのに」「『芸の肥やし』って(笑)」といった反応が出ていた。

  • 東出昌大さん(2016年撮影)
    東出昌大さん(2016年撮影)

「開き直るしかないですね」

   志らくさんがMCを務める情報番組「グッとラック!」(TBS系)は2020年1月23日、芸能コーナーで、東出さんが不倫し妻の杏さんと別居していることを双方の事務所が認めている話題を取り上げた。

   コーナー担当の高野貴裕アナが、不倫や別居の概要を伝えた後、

「これは驚きますね、師匠」

と話しかけると、志らくさんは

「う~ん、まあね。あの~彼は落語がとても好きなんで...こうなったら開き直るしかないですね」

とコメントし、

「『芸の肥やし』とか言ってね」

と笑いをもらしながら続けた。その後、

「しょうがないですよ。事実ならば、ね」

とも留保をつけていた。

   この際、周囲のスタジオ陣からは、国山ハセンアナが「双方の事務所サイドが認めている...」と事実確認するようなコメントをはさんだが、志らくさんコメントへの直接の言及はなかった。

   ただ、志らくさんの「芸の肥やし」発言の直後、志らくさんの左隣(画面からは向かって右)のハセンアナは、口を少し開けたまま左右の両端を不自然なほど引き(大げさに「イー」という際の形)、苦々し気にも見える表情を浮かべていた。

不倫報道の際の円楽さんは「今の時代そうじゃない」

   その後、高野アナが追加の関連情報などを伝えた。締めくくり部分では、ハセンアナが「イメージ的には...。決して良いものではない、よろしくないですからね」と志らくさんの方に顔を向けながら水を向けると、志らくさんは、下を見ながら

「う~ん、まあね」

と応じていた。高野アナは「ただ悲しいのは杏さんですよね。裏切られた立場ですからね」と補足するかのようにコメントしていた。

   こうした発言が放送されると、ツイッターには、

「芸の肥やしって(笑い)」
「起きてしまったことはしょうがないで終われるの?(妻の)杏さんは今までもこれからも苦しむのに。テレビがこんな軽んじてたらダメでしょ」

といった批判的な声が出ていた。他にも

「志らくさん!グッジョブです!」

と、応援するような番組名とかけた皮肉のような、どちらとも受け取れるツイートもあった。

   過去には落語家の不倫について、「『芸の肥やし』という部分も?」という質問が出たこともある。演芸番組「笑点」(日本テレビ系)などで知られる落語家の三遊亭円楽さんが2016年6月、不倫報道を受けて開いた会見の際だ。円楽さんは、この質問に対し、

「それは違う。昔は女遊びをしなさいとか師匠方が言ったけど、今の時代そうじゃない」

と答え、

「芸の肥やしになんてならない」

と断言していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中