2020年 11月 26日 (木)

鈴鹿ポイントゲッターズ―「ダサい」改名は覚悟の上だった JFLクラブが選んだ破天荒な戦略

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   サッカーJFL・鈴鹿アンリミテッドFCが2020年1月20日、チームの名前、ロゴ、エンブレムの刷新を発表したところ、インターネット上で「ダサい」の声が殺到する事態となった。新しい名前は「鈴鹿ポイントゲッターズ」。ユニフォームにつけるエンブレムは、少ない線とシンプルな配色で「ポ(P)ゲ(G)」とあしらったもの。新旧版を比較すると、抜本的な変更になっていることが分かる。

   クラブイメージそのものと言える名前やエンブレムの大胆すぎる差し替えには、否定的な声も渦巻いた。だが、鈴鹿には確固としたコンセプトがあるという。「大前提に、今後ポイントサイトで勝負していく方針があり、覚悟をもって変更しました」。独自のポイントシステムを1年前に導入した同クラブ。今回の刷新の理由を詳しく聞いた。

  • 「鈴鹿アンリミテッドFC」の新しい名前「鈴鹿ポイントゲッターズ」と、新しいエンブレム(クラブ公式サイトより)
    「鈴鹿アンリミテッドFC」の新しい名前「鈴鹿ポイントゲッターズ」と、新しいエンブレム(クラブ公式サイトより)
  • 現行のクラブエンブレム
    現行のクラブエンブレム
  • 「鈴鹿アンリミテッドFC」の新しい名前「鈴鹿ポイントゲッターズ」と、新しいエンブレム(クラブ公式サイトより)
  • 現行のクラブエンブレム

「こんなにダサいクラブ名、ロゴ、エンブレムは他に見たことがないです...」

   「旧・鈴鹿アンリミテッドは、新たにチーム名『鈴鹿ポイントゲッターズ』と共に、ポイントサポーターズクラブとして生まれ変わります」――。国内最高峰のJ1から数えて実質4部リーグ相当のJFLで19年から戦う鈴鹿。20年シーズンを前に発表したのは、チーム名とロゴ、エンブレムの変更だった。2月1日をもって正式に変わる。

   新たなロゴは、ドットや幾何的なモチーフを使って「鈴鹿ポイントゲッターズ」と書いたもの。そしてエンブレムは、クラブカラーの青色で「ポ」と「P」、同じく緑「ゲ」と「G」をそれぞれ組み合わせた創作文字を中央に大きく配し、ホームタウンであるモータースポーツのまち・鈴鹿市にちなんだチェッカーフラッグの模様が描かれている。

   16年から採用してきた現行エンブレムとは全く異なる。現行は「守備の強固さ」と「地域への密着性」の意味を持たせた「盾」をベースに、「アンリミテッド(Unlimited)」の「U」と三重の「三」(3本ボーダー)を中央へ配置し、チェッカーフラッグを模したリボンでサイドを囲んだデザイン。比べると、装飾をほぼ排した新エンブレムへの変化の大きさが際立つ。

   こうした新チーム名とエンブレム。ツイッター上では「ダサカッコいい」という反応もあるが、「ダサい」の声が殺到することになった。

「何をどうやったらここまでダサいものが作れるのだろう? ここまで不細工な名称もロゴもエンブレムも、今世紀中に見られないレベル。サポが不憫でならない」
「名前だけでなくロゴまで...よくもまあこんなダサイ名前&ロゴで了承しましたね...応援するサポーターは気に入ってるのかなぁ...そうだといいですが」
「こんな事を言ったら駄目かもしれないけどこんなにダサいクラブ名、ロゴ、エンブレムは他に見たことがないです...」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中