2020年 11月 26日 (木)

根尾でも、藤原でもない。「2年目のブレーク」最も有力視される選手

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   2月の春季キャンプが近づいてきた。

   ロッテ・佐々木朗希、ヤクルト・奥川恭伸ら黄金ルーキーに注目が集まる中、虎視眈々と1軍定着を狙っているのが中日・根尾昂とロッテ・藤原恭大だ。

  • 選手たちの間で評判が高いのは…(イメージ)
    選手たちの間で評判が高いのは…(イメージ)
  • 選手たちの間で評判が高いのは…(イメージ)

注目株の根尾、藤原だが...まずは2軍で力を

   大阪桐蔭で18年春夏連覇に大きく貢献し、ドラフト1位で鳴り物入りした2人だったが、プロの世界は厳しかった。根尾はルーキーイヤーの昨年、1軍出場は2試合のみで2打席2三振。藤原は球団の高卒新人では54年ぶり史上3度目となる開幕先発出場を果たしたが、4月上旬以降はファームで過ごした。1軍は6試合出場で打率.105。プロの投手の球筋、木製バットの対応に苦労した。

   根尾は本職の遊撃だけでなく外野も守るなど起用法の選択肢を広げている。ただ、外野も大島洋平、平田良介、アルモンテ、福田永将と実力者がズラリ。外野でのキャリアが浅く、1軍での経験値、打力もまだまだ及ばない根尾がレギュラーをつかみ取るのは容易ではない。2軍で結果を残してからステップアップを狙うのが現実的だろう。

   藤原も焦る必要はない。外野を見渡すと、ソフトバンクから福田秀平がFAで加入し、荻野貴司、マーティン、角中勝也とレギュラー争いが激しい。1軍で代走など途中出場するタイプの選手ではない。じっくり腰を据えてファームで力をつけた方が良いだろう。

   では、2年目の大ブレークが期待されるのは誰か。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中