2020年 2月 24日 (月)

NBAレジェンド、コービー・ブライアント氏が事故死 トランプ大統領、ジョーダン、ビーバーらが追悼

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   NBAのレイカーズで活躍したコービー・ブライアント氏が、2020年1月26日朝(日本時間27日)にヘリコプター墜落事故により死去したと、スポーツ専門局「ESPN」(電子版)が伝えた。41歳だった。

   「ESPN」の報道によると、ブライアント氏を乗せたヘリコプターが米カリフォルニア州ロサンゼルス近郊の山に墜落し搭乗者全員が死亡した。13歳の愛娘ジャンナさんも同乗していた。

  • コービー・ブライアントさん(C)FAMOUS
    コービー・ブライアントさん(C)FAMOUS

背番号「8」と「24」は永久欠番に

   ブライアント氏は17歳でNBA入りを果たし、レイカーズ一筋で活躍。個人では2度の得点王に輝き、レイカーズの5度のファイナル制覇に貢献した。NBAで数々の記録を塗り替えてきたブライアント氏は、2015年~16年シーズンを最後に現役引退。レイカーズはブライアント氏の現役時代の功績を称え、ブライアント氏がつけていた背番号「8」と「24」を永久欠番とした。

   NBAのレジェンドの突然の訃報に世界中から悲しみの声が上がった。バスケットファンとして知られ、ブライアント氏と親交のあったバラク・オバマ前米大統領は、自身のツイッターを更新し「コービーはバスケットボールのコートのレジェンドで、第2の人生を始めたばかりだった。ジャンナさんを失ったことは、私たち親にとってもさらなる悲痛だ」とコメントした。

   ブライアント氏の訃報を受けて、ドナルド・トランプ米大統領は自身のツイッターを更新し、「コービー・ブライアントは史上最高のバスケットボール選手のひとりだった。彼は彼の家族をとても愛し、将来に対して強い情熱を持っていた」とつづった。

「神様」ジョーダンは「弟のようだった彼を愛していた」

   NBAの「神様」ことマイケル・ジョーダン氏もブライアント氏の悲報に声明を出し、哀悼の意を表した。ジョーダン氏はブライアント氏を「弟のようだった彼を愛していた」と表現し、「彼とよく語り合ったが、もう彼と会話を出来ないことが寂しい」とコメントした。

   また、カナダの人気歌手ジャスティン・ビーバーさんは自身のインスタグラムを更新し、ブライアント氏に向けてメッセージを投稿。かねてからブライアント氏と親交のあったビーバーさんは、自身のインスタグラムに若き日のブライアント氏とビーバーさんのツーショットを添えコメントを投稿した。

「ありえない。マンバ(コービーの愛称)、君はいつも僕を勇気づけてくれた。僕が笑顔になれるような最高の言葉をいくつもくれたね。愛しているよ」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中