2020年 6月 1日 (月)

働き方改革は「お昼寝」から 貸出マットレス、デスク下ベッド...仮眠ビジネス活況

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

現代人は「疲れがとれない」「目覚めがすっきりしない」

   オーディーエス(東京都千代田区)は、韓国の大手業務用音響機器メーカー・ディラジック製の睡眠サポートBluetooth(ブルートゥース)イヤホン「Neurogixs(ニューロジックス)A1」の予約販売を始めた。この製品は、スマホで再生した音楽に「入眠時の脳波と同じ周波数の信号を加える」としている。本体の大きさは幅86mm×長さ86mm×高さ32mm。価格は3万9600円(税込)。

   オークローンマーケティングが2019年9月に全国の男女2971人を対象に実施した「睡眠に関する調査」によると、30~40代の男女の85.1%が「疲れがとれない」「目覚めがすっきりしない」「日中もよく眠くなる」といった睡眠に関する悩みを抱えているという。睡眠不足は仕事のパフォーマンスに大きく関わる。従業員満足度や業務効率の向上を目的として、福利厚生や自己投資としてこうしたサービスや製品を活用する企業も出てきそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中