2020年 7月 13日 (月)

さんま驚愕の気象予報士 その極端な「捨てる」生活とは

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2020年1月28日に放送された「踊る!さんま御殿」(日本テレビ系)で、同番組に出演した気象予報士の小林正寿さん(31)が、その驚きの生活習慣を明かした。

   同番組はお笑い芸人の明石家さんまさん(64)が司会を務め、ひな壇に座る多数のゲストと共にトークを繰り広げるバラエティー番組。この日のテーマは「片付け上手捨てる人vs片付けが苦手捨てられない人」で、呼ばれたゲストは「捨てられる芸能人」と、「捨てられない芸能人」に分かれて、さんまさんとのトークを繰り広げたが、「捨てられる芸能人」として出演した小林さんのトーク内容が、実に個性的なものだったのだ。

  • お笑い怪獣の明石家さんまさんも驚いたその生活とは!?
    お笑い怪獣の明石家さんまさんも驚いたその生活とは!?
  • お笑い怪獣の明石家さんまさんも驚いたその生活とは!?

「家には布団がないんです」

   番組序盤、女優の橋本マナミさん(35)が、緊張感のある収録の際などには逆にヨレヨレの下着を着ていくと、お守りのように感じられて安心するというトークを展開する中、突如、「僕、ダウンコート来て寝てます」と明かした小林さん。トークの流れを完全に無視した割り込みぶりにポカーンとするさんまさんを尻目に、小林さんは発言の真意として、「家には布団がないんです」と明かしたのだった。

   耳を疑うようなトーク内容にスタジオ内が失笑に包まれると、小林さんはさらに「布団で寝ていると、その最中に鼻血が出てしまう」がゆえに布団を捨て、その結果、フローリングにダウンコートを着た状態で寝る習慣ができたと説明。この不思議な習慣に対し、さんまさんはあきれ気味に、「君、何を言うてんの?」と問いかけるなど、その不思議キャラぶりが炸裂する結果となった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中