2020年 2月 21日 (金)

「鬼滅」最新刊の「応募券」転売相次ぐ キャラ人気投票用、100枚セットの例も

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   週刊少年ジャンプで連載中の漫画「鬼滅の刃」(きめつのやいば)の最新19巻が2020年2月4日、発売された。

   書店では単行本の品切れが相次ぐなど社会現象にまでなっており、最新巻では「応募券」の転売が続出している。

  • 鬼滅の刃公式サイトより
    鬼滅の刃公式サイトより
  • オークションサイトで「鬼滅の刃 応募券」で検索すると…
    オークションサイトで「鬼滅の刃 応募券」で検索すると…

単行本の定価に近い値段で取引

   鬼滅の刃は2016年から連載開始し、19年4~9月にアニメ放映された。家族を鬼に殺され、すべてを失った主人公が、鬼にされた妹を人間に戻すために旅に出るストーリーだ。

   19巻の発売をもってシリーズ累計発行部数は4000万部(電子版含む)を超え、ジャンプ漫画の新たな金字塔となっている。

   人気を裏付けるように、最新巻の転売がオークションサイトで目立つが、「応募券」の出品も少なくない。

   同巻では、「第二回キャラクター人気投票」への応募券が付属し、抽選でオリジナル商品も当たる。オークションサイトでは、応募券が単行本の定価(税込460円)に近い400円ほどで取引され、中には応募券100枚で約6万円の出品もあった。

16~18巻では先着購入特典としてイラストカード

   "おまけ"の過熱ムードに、嫌気がさすファンもいるようだ。ツイッターでは「書店員さんとも話したけどAKB商法感すごい」「完全に握手券商法に走ってて悲しい」との指摘も上がっている。

   こうした議論は、以前から起きていた。

   たとえば16~18巻では、先着購入特典としてイラストカードが付いてきた。18巻は全18種類の絵柄が封入され、すべてそろえるには複数の冊数を購入するなどしなければならなかった。書店によっては絵柄を選べないランダムでの配布で、欲しいカードを引き当てたり、コンプリートしたりするハードルは高かった<詳報:「『鬼滅の刃』特典カード、最新刊ではついに18種 『ブーム煽り』の声も」(J-CASTニュース)>

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中