2020年 9月 26日 (土)

錣山親方へ「良い師匠なのに」「しっかり指導を」 弟子・阿炎「炎上」で叱咤激励の声

あのやずやの『にんにくしじみ』が半額に!?

   大相撲の小結阿炎(錣山部屋)が、2020年2月4日に行われた日本相撲協会による「SNSの危険性」に関する研修会後、報道陣に「爆睡していた」「寝ていたので何も聞いていない」と不適切な発言をしたことで、SNS上で再炎上した。

   一方、翌5日に阿炎を連れて日本相撲協会へ謝罪に訪れた師匠の錣山親方(元関脇寺尾)に対しては「良い師匠なのに」「しっかり指導しましょう」といった叱咤激励の声が上がっている。

  • 春場所は、錣山部屋の師弟にとって正念場となる
    春場所は、錣山部屋の師弟にとって正念場となる
  • 春場所は、錣山部屋の師弟にとって正念場となる

研修会「爆睡」発言で、師弟ともに謝罪

   2020年2月4日に日本相撲協会が行った「SNS研修」の発端は、阿炎だった。2019年11月の九州場所前、他の部屋の力士の手足をテープで縛った動画を、「悪ふざけ」で自身のインスタグラムに投稿。これが拡散されたため、事態を重く見た協会が開いた会だった。

   しかし研修会後、報道陣に囲まれた阿炎は「爆睡していた」「寝ていたので何も聞いていない」と不適切な発言をした。これをスポーツ各紙が大きく報じたため、SNSは大炎上。翌5日、師匠の錣山親方が阿炎を連れ、協会へ謝罪に行くこととなった。

   SNS上では、阿炎に厳しい言葉が浴びせられたが、一方で錣山親方へは応援コメントが散見された。

「良い師匠なのに」
「寺尾さん、しっかり指導しましょう」
「3月場所、錣山はテレビラジオの相撲解説困るだろうな~」
「錣山部屋ならと安心していたがまさかですねー」
「兄、井筒親方を亡くした師匠、錣山親方の気持ちを思えば、このようなトラブルを招いたり出来ないだろう」

   錣山親方は2019年9月、実の兄である井筒親方(元関脇逆鉾)を亡くしている。そこに来て今回の騒動だけに、エールを送る声も見られた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中