2020年 12月 3日 (木)

芸能人が立て続けにYouTuberデビュー 「テレビと使い分ける」時代の到来か

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   このところ、芸能人のYouTuberデビューが相次いでいる。2020年1月29日にはお笑い芸人の宮迫博之さん(49)がYouTuberデビューを果たしたほか、31日には女優の川口春奈さん(24)が公式チャンネル「はーちゃんねる」を開設。2月に入ると、1日にはお笑い芸人の江頭2:50さん(54)が参入したほか、2日には柏木由紀さん(28)が「ゆきりんワールド」を始めるなど、立て続けの新チャンネルが誕生している。

   このほか、1月8日にはモデルのローラさん(29)がデビューするなど、芸能人のYouTuberデビューはもはやトレンドとなりつつある。そこで、今回は、これら、YouTubeデビューを果たした芸能人について、そのチャンネルの性質などを分析していこう。

  • 宮迫博之さん(2015年撮影)
    宮迫博之さん(2015年撮影)
  • 宮迫博之さん(2015年撮影)

「避難所」型の宮迫さん、「拡大型」の川口さんと柏木さん

   まず、これら5人の中で、一番切羽詰まった状況でYouTuberデビューを果たしたのは宮迫さんと言えるだろう。宮迫さんは2019年7月に明らかなった反社会勢力に対する闇営業問題で謹慎中の中で公式チャンネルを開設。そのため、YouTuberデビューの際には多くの批判がコメント欄に寄せられたが、その後はファンからの声援が続々と寄せられるなど、情報発信の場として受け入れられ始めているのは事実であり、宮迫さんにとっての「避難所」になっているのは間違いなさそうだ。

   これと対照的なのが、「拡大型」と言える川口さんと柏木さんだ。川口さんはNHK大河ドラマ「麒麟がくる」に出演中であり、正に、出世街道まっしぐらといった状況の中でYouTuberデビューを果たした。また、柏木さんは、すでにAKBメンバーの「長老」的存在であり、確固たる地位を確立している中での公式チャンネル開設となった。

   2人に共通しているのは、すでに十分に仕事があるにもかかわらず、それでもYouTuberを始めたということは、さらなる市場を獲得しようという意志があるということであり、その姿勢は「拡大型」と言えるだろう。実際、川口さんが公開した動画のコメント欄には、「YouTuberつぶしにきてる笑」といった指摘すらなされるほどであり、既存のYouTuberの脅威となり得る存在と言えるだろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中