2020年 4月 1日 (水)

「ラブライブ!」パネル撤去で議論 JAなんすん「関係機関と調整中」...再設置署名は1万筆超える

印刷
不動産価格上昇中!不動産の価値は?一括無料査定でチェック!

   静岡県内に設置された、「ラブライブ!サンシャイン!!」のパネルをめぐり、「スカートが透けているように見える」などとの指摘が寄せられ、撤去されたことが分かった。

   ファンらからは再開を望む声が少なくなく、設置したJAなんすん(南駿農業協同組合)は取材に「関係機関と調整しているので、現時点ではお答えできない」と話す。

  • 画像左が撤去されたパネル(ラブライブ公式ツイッターより)
    画像左が撤去されたパネル(ラブライブ公式ツイッターより)

コラボ商品は完売

   「ラブライブ!サンシャイン!!」は、沼津市内浦地区にある架空の高校「浦の星女学院」を舞台に、スクールアイドル「Aqours(アクア)」の活躍を描いたアニメなどを中心とするメディアミックス企画だ。

   JAなんすんは2020年2月、沼津市の特産品「西浦みかん寿太郎」を全国にアピールするため、みかん好きという設定の主人公「高海千歌(たかみちか)」をPR大使に起用した。

   それに合わせ、商業施設「ららぽーと沼津」に高海千歌の等身大パネルを設置し、アニメの絵柄が描かれた段ボール入りの西浦みかんを発売した(ネット販売ではすでに完売)。

   しかし、パネルは設置からわずか4日で撤去された。同組合の担当者は18日、J-CASTニュースの取材に「肯定、否定を含めて多くの皆さんから(ネット上や問い合わせで)コメントをいただいた」と理由を明かす。「キャラクターのスカートが透けているように見える」といった指摘もあったという。

   地元紙などで撤去が報じられると、署名サイト「change.org」では再設置を求めるページが作られた。18日19時時点で約1万筆集まっている。発起人は「必ずしも再設置がゴールではありません。『再設置を支持する人がこれだけ居る』という公的な意思表示をすることが目的です」と呼びかける。

   JAなんすんは再設置について、「関係機関と調整しているので、現時点ではお答えできない」と話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中