2020年 7月 12日 (日)

「若者の時計離れ」その先にあるものは... シチズン株価下落の背景を読む

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   時計大手・シチズン時計の株価が、約5カ月ぶりの安値水準になっている。2020年3月期の業績と配当予想の下方修正が投資家に嫌気され、売り浴びせられた格好だ。

   10万円以下の中価格帯の腕時計が売れなくなっているという構造的かつ厳しい問題が背景にあり、経営陣は難しい舵取りを迫られていると言えそうだ。

  • シチズン公式サイト
    シチズン公式サイト
  • シチズン公式サイト

大幅な減配予想

   まず、20年2月12日に発表された、3月期下方修正の内容を確認しておこう。純利益は従来予想より75億円減額し、40億円。前年実績比で70.1%減と大幅減益を見込む。営業利益は従来予想比70億円減額し、90億円(前年実績比59.8%減)。売上高は従来予想比175億円減額し2875億円(同10.6%減)。

   これだけでも「何事か」というレベルの下方修正だが、投資家をさらに失望させたのが減配予想だった。従来は前期実績(年間20円)を4円上回る年間24円としていたが、一転して減配かつ従来予想より半減となる年間12円に下方修正したのだった。シチズン時計は業績予想を下方修正した理由について、「主に時計事業、工作機械事業の市況環境が悪化していることに加え、構造改革に伴う特別損失を計上するため」、配当予想の下方修正については、「連結業績との連動と安定配当とのバランスを勘案」と説明している。

   業績と配当予想の下方修正を受けて、発表翌日の2月13日、シチズン時計の株価は急落。一時前日終値比9.6%(52円)安の492円まで下げた。当日高値(512円)が前日安値(536円)を24円も下回り、大きな「窓をあける」節目のチャート図を描いた。終値(493円)も安値(492円)に近い価格にとどまり、今後の戻りの弱さを想像させた。実際、翌週の株価はさらに下値を追う展開となっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中