2020年 9月 19日 (土)

桶田敬太郎さん死去で再注目 「フォークダンスDE成子坂」お笑い評論家が分析

たった4問のアンケート回答で全員半額以下!アンケートはこちらから。

   お笑いコンビ「フォークダンスDE成子坂」の元メンバー・桶田敬太郎さんが、2019年11月23日に亡くなっていたことが分かった。48歳だった。27日までに、本人が代表者を務めていた所属事務所の公式サイトで発表された。

   桶田さんは1992年10月から99年9月にかけて放送されたバラエティー番組「ボキャブラ天国」シリーズ(フジテレビ系)などで活躍。その後、99年の大晦日にはコンビを解散し、その後は、「放送作家・構成作家といった裏方の立場で 自身の出身である『バラエティー』を中心に」活動していたという(本人の所属事務所の公式サイトから)。

  • 桶田敬太郎さんの公式サイトのキャッシュから
    桶田敬太郎さんの公式サイトのキャッシュから
  • 桶田敬太郎さんの公式サイトのキャッシュから

キャッチフレーズは「戦慄の不協和音」

   桶田さんの訃報を受け、ネット上ではツイッター上やネット掲示板に桶田さんの死を悼む声が続々。その中でもツイッター上を見てみると、解散前のフォークダンスDE成子坂が出演していたボキャブラ天国に触れつつ、故人を偲ぶ声が多い。あるアカウントは当時の動画をアップしつつ桶田さんを偲んでいるが、その動画を見ると、桶田さんと村田さんが登場する直前のカットに、「戦慄の不協和音 フォークダンスDE成子坂」との紹介文があるのが分かる。

   ボキャブラ天国放送当時、出演していたお笑い芸人たちに注目が集まっていたのは当然のことだが、それに加えて話題になっていたのが、お笑い芸人たちが登場する直前に画面に映し出される紹介文。フォークダンスDE成子坂の場合は前述の通り「戦慄の不協和音」だったが、同番組には他にも「邪悪なお兄さん」海砂利水魚(現くりぃむしちゅー)、「不発の核弾頭」爆笑問題、「電光石火の三重殺」ネプチューンといった、今やベテランとなった錚々たるメンバーが出演していたことを覚えている方は多いことだろう。

   当時の放送では、フォークダンスDE成子坂はこれら3組と互角にしのぎを削る才覚を示し、放送の度に大きな話題になるなどしていた。しかし、同番組が終了したあたりから、フォークダンスDE成子坂は徐々に活躍の場が狭まり始め、99年末にはコンビを解散。その後、2006年には桶田さんとコンビを組んでいた村田渚さんがくも膜下出血で35歳で死去。それから12年後となる2018年には「ザ・発言X」(日本テレビ系)で、村田さんにスポットを当てつつフォークダンスDE成子坂を扱った特集が放送されるなどしていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中