2020年 9月 22日 (火)

「大規模じゃない」東京マラソン、メディアは大展開 海外117の国・地域で放送へ

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   2020年東京五輪男子マラソン選考会を兼ねた東京マラソン(3月1日・東京都庁~東京駅前42.195キロ)のプレスカンファレンスが2020年2月28日、都内で行われ、国内外の男女有力招待選手が出席した。

   日本からは日本記録保持者の大迫傑(28)=ナイキ=、設楽悠太(28)=ホンダ=、井上大仁(27)=MHPS=の3選手が出席し、五輪代表に向けてそれぞれ意気込みを語った。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

大迫「自信を持ってスタートラインに立てると思う」

   今レースはマラソン・グランド・チャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジ第2戦となる。代表の残り1枠を巡っては、ファイナルチャレンジ全3戦(福岡国際マラソン、東京マラソン、びわ湖マラソン)で2時間5分49秒以内をマークした日本人最速ランナーが代表に選出され、この3レースで突破者が現れなかった場合、昨年9月のMGC本戦で3位に入った大迫の代表入りが内定する。

   男子マラソン代表の3枚目の切符を巡る争いは世間の関心が高く、この日行われたプレスカンファレンスの模様は、「東京マラソン2020」の公式サイトでライブ配信され、同サイトでは日英同時配信を謳っている。ファイナルチャレンジを回避する選択肢もあった大迫は「自分のペースでしっかり走れればいいと思っている。非常に自信を持ってスタートラインに立てると思う」と順調な仕上がりぶりをうかがわせた。

   昨年のMGC本戦で終盤に失速した設楽は「まずは自分のペースで行ければいいと思っている。外国人選手に食らいついていければと思ってます」とコメントし、目標タイムに関しては周囲をはぐらかすように「2時間6分10秒」とした。また、目標タイムを「2時間4分30秒」とした井上は「(タイムを)ガチガチに狙っているわけではないけれど、今の力を出せば狙える」と自信をのぞかせた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中