2020年 3月 29日 (日)

磁気の切符はなくなる? 導入模索の「QRコード」乗車券、使ってみた感想は...

印刷
不動産価格上昇中!不動産の価値は?一括無料査定でチェック!

   あと10年もすると、「磁気の切符」が消えるかもしれない。

   阪神電気鉄道では2020年3月~9月(予定)まで、QRコードを用いた乗車券の実証実験を行うことを発表した。「磁気の切符」に代わるQRコードの乗車券は本当に便利なのだろうか。

  • QRコードを用いた乗車券に関する実証実験を行う阪神電気鉄道
    QRコードを用いた乗車券に関する実証実験を行う阪神電気鉄道
  • モスクワの各国際空港と都心を結ぶ「アエロエクスプレス」ではレシート式のQRコード式乗車券が導入されている
    モスクワの各国際空港と都心を結ぶ「アエロエクスプレス」ではレシート式のQRコード式乗車券が導入されている

阪神電鉄が行う実証実験

   1月23日、阪神電気鉄道はQRコードを用いた乗車券に関する実証実験を行うことを発表した。これはスマートフォンもしくは紙媒体のQRコード式乗車券をIC専用改札機に取り付けた2次元バーコードリーダにかざして入出場する。対象者は阪神電鉄の関係者に限られ、対象駅は大阪梅田駅、野田駅、尼崎駅、西宮駅、神戸三宮駅となる。

   今回の実証実験の背景として阪神電鉄は「旅客の利便性向上や磁気券削減に向け」と説明している。

   実は磁気券は普通の紙とは異なり産業廃棄物として処理しないといけない。一方、QRコードが付いた乗車券は普通の紙として処理できる もし、QRコード式乗車券が広まれば、「磁気の切符」は姿を消すだろう。日々の鉄道利用に直接関係するだけに、阪神電鉄が行う実証実験は興味深い。なお、QRコードを用いた乗車券の実証実験はJR東日本でも行う。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中