2020年 9月 27日 (日)

厚労省・自民党が「テレビ報道」相次ぎ名指し モーニングショー、Nスタへ...「投稿の意図」はどこに

ルイボスブレンドだからノンカフェイン。就寝前のリラックスタイムにおすすめ。

   自民党や厚生労働省といった与党・官公庁が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)をめぐる一部テレビ報道に対し、番組を名指ししながら相次いで言及している。

   厚労省は2020年3月5~6日、不足するマスクの供給に関する「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)でのコメントに触れた。自民党は5日、新型コロナウイルスの感染力について、「Nスタ」(TBS系)で専門家が述べた内容と異なるものとして、世界保健機関(WHO)の見解を紹介した。

  • 新型コロナウイルスをめぐり番組を名指し
    新型コロナウイルスをめぐり番組を名指し
  • 新型コロナウイルスをめぐり番組を名指し

「感染症指定医療機関への医療用マスクの優先供給を行った」?

   厚労省はツイッターで5日、「3月4日午前8時からの『羽鳥慎一モーニングショー』の出演者から、『まずは医療機関に配らなければだめ。医療を守らなければ治療ができないから、医療機関、特に呼吸器関係をやっている人に重点的に配っていく』とのコメントがありました」と切り出し、次のように省の取り組みを発信した。

「厚生労働省では、感染症指定医療機関への医療用マスクの優先供給を行ったほか、都道府県の備蓄用マスクの活用や日本医師会や日本歯科医師会のルートを活用した優先配布の仕組みをお知らせしています」
「最終的に全ての医療機関に十分なマスクが届くことが必要であり、引き続き、マスクの増産や全ての医療機関を対象とした優先供給を進めてまいります」

   前提となっている4日の「モーニングショー」では、厚労省が国民生活安定緊急措置法に基づき、メーカーに対してマスク400万枚を同省へ売り渡すよう指示したことを紹介。感染者が急増する北海道の中富良野町と北見市に配布していくとしたが、配布先が「世帯」であることに疑問を呈した。テレ朝社員で番組コメンテーターの玉川徹氏は「優先度としては医療機関に配るべきだったんじゃないか」と発言。さらに、白鴎大学教授で感染症学が専門の岡田晴恵氏が、こう述べた。

「まずは医療機関に配らないと駄目です。みなさん欲しいのはごもっともですが、医療を守らなかったら治療できませんから、医療機関、特に呼吸器関係をやっている人に重点的に配っていく(必要がある)」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中