2020年 4月 7日 (火)

妖怪「アマビエ」のイラストがSNSで人気 伝承に脚光「疫病が流行れば私の絵を見せよ」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「アマビエ」――そんな名前の妖怪を、あなたはご存じだろうか。

   直近の1週間ほど、この一風変わった妖怪のイラストが、ツイッターをはじめとするSNSに次々と投稿されている。アマビエには疫病に際して「自分を描いた絵を見せよ」と人々に伝えた、という伝承があり、新型コロナウイルスの流行が続く今、にわかに脚光を集めているのだ。

  • 瓦版に描かれた「アマビエ」。実はアマビコの誤りという説もあるとか(「新聞文庫・絵」(京都大学附属図書館所蔵)より)
    瓦版に描かれた「アマビエ」。実はアマビコの誤りという説もあるとか(「新聞文庫・絵」(京都大学附属図書館所蔵)より)
  • いらすとやにもアマビエが
    いらすとやにもアマビエが

江戸末期に肥後に出現

   アマビエは江戸時代末期の弘化3年(1846年)、肥後国(熊本県)に出現した怪異として、当時の新聞である瓦版にその姿が収められている

   この瓦版によると、何やら海に夜ごと光るものがあり、役人が調査に赴くと、奇妙な妖怪が姿を現した。

   妖怪は、

「私は海中に住む『アマビエ』である」

と名乗り、

「もし疫病が流行るようなことがあれば、私を描いた絵を人々に見せよ」

と告げて、再び海の中に消えたという。

   この瓦版には、その役人が見たという「アマビエ」が描かれているのだが――。これがなんとも不思議な姿だ。しいて言えば人魚に近いが、くちばしが生えており、目はひし形、ただし黒目はくりっと丸い。また、足というべきか尾びれというべきか、は3つに分かれ、さらに長い髪のようなものが足元まで伸びている。描き手の画風もあってか、妖怪というより「ゆるキャラ」めいた雰囲気だ。

あの「いらすとや」にも登場

   以前から一部の妖怪ファンの間では知られていたアマビエが、一気に注目を集めるようになったのは2020年2月の末ごろから。新型コロナウイルスの流行に、どこか息苦しい空気が漂うなか、瓦版にある伝承に注目し、アマビエの絵をツイッターなどに投稿する動きが、自然発生的に始まったのである。

   ハッシュタグ「#アマビエ」を付けて、多くのユーザーが、自分流にアレンジしたアマビエのイラストを投稿しており、中にはぬいぐるみやフィギュアを自作する人も。イラストレーターの、みふねたかしさんが運営する素材サイト「いらすとや」にも5日、早くもアマビエが登場した。

   Yahoo!リアルタイム検索の集計によれば、「アマビエ」を含む投稿は2月27日ごろまで1日10件弱程度だったが、3月に入って急激に上昇。8日には2万件近くに達するなど、「アマビエ祭」状態だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中