2020年 10月 2日 (金)

戸郷は大炎上、相次ぐ故障者、新外国人も... 巨人先発陣の「不安材料」

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   巨人は2020年3月10日、ペイペイドームでソフトバンクと対戦し、先発・戸郷翔征投手(19)が4回途中9安打10失点(自責9)と大炎上した。

   1回にウラディミール・バレンティン外野手(35)の3ラン、松田宣浩内野手(36)のソロ本塁打などで5点を失い、4回に再び松田に本塁打を許し3失点。この日の戸郷は3本塁打、5四球と大荒れの内容で、4回もたずに降板となった。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

メルセデス、畠、高橋ら先発陣の故障者が続出

   1回、戸郷は1アウトも取れずに5点を失った。バレンティンにはバックスクリーンに飛び込む特大3ランを、松田には渾身の直球を完ぺきに打たれた。今シーズンからバレンティンが加わり、より厚みを増したソフトバンク打線に開始早々に捕まった。2回は無失点に抑えたものの、3回には自らの暴投でピンチを広げて失点。4回は2塁打と四球で塁を埋め、松田に3ランを叩き込まれた。

   開幕ローテーションの3番手として期待される戸郷の大炎上は、危機的状況にある巨人先発陣に暗い影を落とす。巨人の先発陣はここまで故障者が相次ぎ、コマ不足が不安視されている。C.C.メルセデス投手(25)は左肘の違和感を訴えキャンプを離脱。2月29日には畠世周投手(25)が右肩周辺の肉離れのため2軍落ち。高橋優貴投手(23)は、3月10日配信のスポーツ報知WEB版によると、左肘痛でリハビリ組に合流するという。

   巨人の開幕ローテーションは現時点で、エース菅野智之投手(30)、エンジェル・サンチェス投手(30)、戸郷の3人が確定的で、これに桜井俊貴投手(26)、田口麗斗投手(24)が続く。昨シーズン、先発ローテーションの一角を担った高橋は今シーズンもローテ入りが期待されており、桜井、田口らとともに開幕ローテーション6人の候補に挙がっていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中