2021年 5月 15日 (土)

新型コロナで「軟禁状態」の外交官たち SNSで伝えた平壌のいま

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

ドイツ大使館とフランス協力事務所は全員が脱出→一時閉鎖

   英国のコリン・クルックス大使は、

「残念ながら今朝、一時閉鎖されるドイツ大使館とフランス事務所の同僚に別れの挨拶をした。英国大使館は引き続き開館している」

とツイート。投稿された写真には国旗を掲揚するポールが4本写っているが、実際に掲揚されているのは英国とスウェーデンの2本のみだ。英国大使館はスウェーデン、ドイツの両大使館、フランスの協力事務所と同じ区画にあり、一時閉鎖にともなってドイツとフランスの国旗が掲揚されなかったことを示している。

   3月12日付のロシア大使館の書き込みによると、大使館関係者はマスク着用の上、大使館があるエリアの外に出ることができるようになったが、人混みや公共交通機関の利用はできず、訪問できる場所も引き続き制限されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中