2020年 8月 13日 (木)

「夏季五輪イヤー」の巨人は強い! 優勝9度、Bクラスなし...08年は「メークレジェンド」

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   新型コロナウイルスの感染拡大を受け、公式戦の開幕が延期となったプロ野球は、2020年3月18日までに各球団が当面の練習試合の日程を発表した。当初公式戦の開幕を予定していた3月20日から4月5日までの計74試合の日程を組んだ。 日本野球機構(NPB)は最短で4月10日の開幕を目標としており、今後の状況を見極めながら準備を進めていく。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

原監督は08年、12年とリーグ優勝

   当初の予定ではプロ野球は3月20日が開幕だった。新型コロナウイルスの感染拡大により、NPBが目標とする4月10日に開幕を迎えられるか不透明な状況であるものの、多くのプロ野球ファンが開幕を待ちわびていることだろう。プロ野球の早期開幕を願いつつ、今シーズンのセ・リーグの展望をデータから占ってみた。

   今年は4年に1度の夏季五輪イヤーである。プロ野球が2リーグ制になって以降、17大会の夏季五輪が開催された。セ・リーグで夏季五輪イヤーに最も強さを発揮するのが巨人である。これまでリーグ優勝9度(日本一5度)、2位と3位がそれぞれ4度ずつあり、夏季五輪イヤーで一度もBクラスを経験していない。勝率は.573に達し、圧倒的な強さを誇る。

   原辰徳監督(61)は、監督として夏季五輪イヤーに2度のリーグ優勝を達成しており、2012年には日本一に輝いている。なかでも2008年の優勝は「メークレジェンド」と呼ばれ、語り継がれている。08年を振り返ると、オープン戦は今年同様に最下位に終わり、公式戦でも調子が上がらずスタートからつまずいた。7月8日の時点で首位阪神との差は13ゲーム。絶望的とみられた状況をひっくり返してリーグ優勝を飾った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中