2020年 3月 29日 (日)

近畿のJR西ダイヤ改正、注目すべき点は? 本領発揮は先になりそうだけど...

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   2020年3月14日、JRグループがダイヤ改正を行った。JR西日本(近畿エリア)では関空特急「はるか」の9両編成化や他線区での両数増加が目立つダイヤ改正となった。

   しかし、ある理由により、輸送力増強の効果が見えるのは少し先になりそうだ。今回はJR西日本(近畿エリア)のダイヤ改正について見ていきたい。

  • (3月14日のダイヤ改正でデビューした271系「はるか」)
    (3月14日のダイヤ改正でデビューした271系「はるか」)

目玉となる「はるか」9両編成化

   昨年はおおさか東線(新大阪~久宝寺)の全通に沸いたJR西日本のダイヤ改正だったが、今年はどちらかというと地味な内容となった。

   その中で目玉と言えるのが京都方面、新大阪と関西空港を結ぶ特急「はるか」の9両編成化である。改正前まで「はるか」は6両編成と9両編成が混在していたが、今回のダイヤ改正で9両編成に統一された。9両編成化に伴い、JR西日本は増結用として271系を新造。従来からの281系と連結する形で運用を開始した。

   また、観光路線の土休日ダイヤの輸送力増強が目立ったダイヤでもあった。京都と奈良を結ぶ「みやこ路快速」は土休日ダイヤにおいて6両編成に統一。嵯峨野線(京都~園部)でも土休日ダイヤにおいて一部列車が8両編成になる。嵯峨野線の沿線には京都鉄道博物館や嵐山などの観光名所が点在し、嵯峨嵐山駅では嵯峨野観光鉄道のトロッコ列車と接続する。この他にも大和路線や福知山線などで両数の増加や本数の調整が行われる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中