2020年 10月 21日 (水)

「五輪延期」なら競技日程どうなる? 2021年はイベント目白押し、現実的な落としどころは...

エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

代表選考、スタッフや会場の確保が大きな課題

   2022年のスポーツカレンダーをみてみると、2月に北京で冬季五輪が開催される。夏場の7月27日からは第22回コモンウェルスゲームズ(英連邦競技大会)がバーミンガムで開催される。日本にはあまり馴染みのない大会だが、4年に一度開催される歴史ある大会だ。9月には中国でアジア競技大会が開催される予定で、11月にはサッカーの世界的なイベントであるW杯カタール大会が開幕する。

   五輪と比べて規模が小さいとはいえ、今からコモンウェルスゲームズのスケジュールを組み直すのは簡単ではないだろう。英国のオリンピック委員会がすんなり受け入れるかも疑問だ。世界のスポーツカレンダーだけを考慮すれば、2022年の6月あたりに大会を前倒しするのが現実的か。いずれにせよ大会を延期するとなれば、代表選考の再考、大会スタッフ、会場の確保や人件費の捻出など解決すべき問題は多い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中