2020年 11月 29日 (日)

中国、都市封鎖「解除」の陰で後遺症 武漢、湖北出身者への「警戒」消えず

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   2020年3月26日、筆者は、どうしても北京の中関村に行かなければならない用件があり、第四環状道路を使い、車で24キロメートルをほぼ1時間半かかった。渋滞でいらいらするより、クラクションはひとつもなく、北京は間違いなく平常に戻ったと感じ、うれしくさえ思った。

   しかし、新型コロナウイルスによる都市封鎖の深刻な後遺症が出始めている。

  • 北京市内のスーパーには客が戻っている。ただ、すべての客は体温を測ってから中に入り、
店では足元の黄色い線で他の客と1メートルの距離を保とうとも呼びかけている(3月26日撮影)
    北京市内のスーパーには客が戻っている。ただ、すべての客は体温を測ってから中に入り、 店では足元の黄色い線で他の客と1メートルの距離を保とうとも呼びかけている(3月26日撮影)
  • 北京市内のスーパーには客が戻っている。ただ、すべての客は体温を測ってから中に入り、
店では足元の黄色い線で他の客と1メートルの距離を保とうとも呼びかけている(3月26日撮影)

身分証明書の「本籍」で判断

   日本の小池百合子・東京都知事が3月23日以降、言及している「東京のロックダウン(封鎖)」の可能性は中国にも伝わっている。3月25日から26日にかけて北京の最高気温は22度から急に10度以下に下がったが、中国人としては小池知事の発言を聞いて、同じように寒く感じた。

   新型コロナの感染が広がった武漢などの「封鎖」の実情について、多くの日本人読者はたぶん知らないと思う。1月23日から3月25日まで人は街を歩いては行けず、交通機関は使えない。新型コロナ肺炎の死者が出た建物では、全員外出厳禁、野菜などは玄関までしか届けられない。そうでない場合でも閉鎖された団地の中から出てはいけない。

   中国では父親の出身地を本籍にして戸籍に記録する。本籍を武漢にする場合、数年間武漢に帰っていない人も、他の省や市ではホテルには泊まれないことがある。身分証明書を提示して武漢とみると、何度も体温を測られ、いままでの滞在歴を繰り返して聞かれる。

   一応、3月25日から武漢市内での行き来は可能になり、また湖北省内ならバスなども使えるようになった。高速鉄道(新幹線)の駅は徹底的に消毒され、これから電車も使えるようになるだろうが、北京市民は湖北人、なかんずく武漢人を厳しく警戒している。

   作家の方方さんは、3月23日の公開日記にこう書いている。

「北京が湖北人を拒否するニュースは、昨日から今日までずっと流されている。私はまったく信じられなく、今もやはり信じられなく思う。健康な湖北人と健康な湖北以外の出身者と、どんな違いがあるだろうか」

   都市封鎖の後遺症はかなり長く、深く人々の心に残る。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中