2020年 7月 3日 (金)

SOD「配送情報」流出者に5000円 事故原因の調査結果も報告

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   成人向け動画サービス「SODプライム」で利用者の個人情報が流出した問題で、運営会社の「ソフト・オン・デマンド」(SOD、東京都中野区)は2020年3月27日、調査報告と、対象となったユーザーへの対応方針について、公式サイトで発表した。

  • 現在も「SODプライム」はメンテナンス中
    現在も「SODプライム」はメンテナンス中
  • 現在も「SODプライム」はメンテナンス中

無料配信キャンペーンでアクセス殺到

   SODは3月13日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、同社の動画配信サービス「SODプライム」の有料作品約200本を、3月末まで無料配信にする「自宅待機を応援!!0円でご利用キャンペーン」を開始した。参加には会員登録が必要で、メールアドレスやクレジットカード情報などを登録する必要があった。しかしネット上では、登録した個人情報の一部を、他の利用者が閲覧できる状態になっていたとの指摘が相次いだ。

   18日に公式サイトで事実関係を認め、謝罪文とともに「氏名」「住所」「電話番号」「ニックネーム」「メールアドレス」「購入履歴」「視聴履歴」「レビューリスト」「投稿動画」「会員ステータス」の10項目が流出したおそれがあると発表した。

   流出の経緯としては、「SODプライム」へのアクセス殺到により、サイトの内容をコピーして複数のサーバーに分散させるCDN(コンテンツ・デリバリー・ネットワーク)サービスを利用したところ、決済代行会社から「利用者から,『自分のアカウントでログインしたら,他人のアカウントに切り替わった』との連絡があった」として、アクセスを遮断。「個人情報をキャッシュしない」などの対策をして、サイトを再開したものの、利用者から同様の苦情があったため、再びアクセスを遮断し、現在もサイトを非公開にしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中