2020年 7月 3日 (金)

阪神コロナ問題、「4選手」非公表に募る不満 他球団から「同業者に情報共有を」の声

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   プロ野球の阪神に対する「風当り」が強さを増している。阪神は2020年3月27日に、藤浪晋太郎投手(25)、伊藤隼太外野手(30)、長坂拳弥捕手(25)が新型コロナウイルスに感染したことを発表。入院中の3選手は近日中にも退院に必要なPCR検査を受ける可能性があり、改善に向かっている選手もいる模様だ。

   現時点でウイルスに感染した3選手に症状の悪化はない様子で、チーム内に感染者は出ていない。球団は監督、コーチ、選手、スタッフに原則自宅待機を指示しており、感染予防策を強化している。ただ、一方で他球団の関係者からは阪神に対して「情報開示」を求める声が出ており、その声は日を追うごとに強まっている。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

食事会参加の20代女性らも感染

   他球団が求める「情報」とは、阪神が公表していない4選手の実名だ。この4選手は14日の食事会に藤浪ら3選手とともに参加している。食事会には7選手の他に5人以上の参加者がいるとみられ、そのうち6人がウイルスに感染している。4選手はウイルス感染の兆候がなく、PCR検査を受ける予定がないことから情報が遮断されている。

   多くの球団が選手、スタッフの外出を禁止しているなかで、12人以上が集まる食事会に参加した選手には球界関係者だけでなくプロ野球ファンからも批判の声が上がっている。加えて、大阪府、神戸市の発表により、食事会に参加した3人の20代女性がウイルスに感染したことが判明し、参加選手らは一層の不評を買っている。

   これらの事実が発覚した後もウイルスの感染状況は好転の兆しを見せることなく、球界全体に大きな影響を与えている。当初、12球団は4月24日の公式戦開幕を目指していたが、パ・リーグは3月31日の社長会で4月24日開幕を断念。4月3日の12球団代表者会議で開幕の延期が決定される見込みで、5月中旬以降に先送りされる可能性もある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中