2020年 5月 28日 (木)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち
「マスク不要論」で感染拡大? 方針変更に怒る国民

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求
「もっと早くからマスクをしていたら、新型コロナウイルスの感染拡大を防げたのではないか」

   これまでマスクに抵抗があった米国で、そんな怒りの声が今、聞こえ始めた。

   2020年4月1日に安倍首相が公表した「日本の全世帯に布マスク2枚配布」については、米メディアでも取り上げられた。

   日本国内で「税金の無駄遣い」、「それより早急に、緊急事態宣言を出すべきだ」、「エープリルフールの冗談か」などと批判されているとしながらも、米国内ではごく最近になって、マスクの有効性が注目され始めたと伝えている。

  • マフラーや服の襟元で顔を覆い隠す人も目立つ(ニューヨークの地下鉄で、筆者撮影)
    マフラーや服の襟元で顔を覆い隠す人も目立つ(ニューヨークの地下鉄で、筆者撮影)
  • マフラーや服の襟元で顔を覆い隠す人も目立つ(ニューヨークの地下鉄で、筆者撮影)

ブラジャーで作ったマスクの写真

   米国全体から見れば、マスクをしている人はまだ少ないものの、ニューヨーク市内ではその割合が急増している。米国に住む私の友人知人も、一斉にマスクをし始めた。

   ニューヨークに住む友人のデビーは、ブラジャーで作ったマスクをした写真を送ってきた。彼女が友だちと2人でビーチを散歩した時の写真でも、どちらもサングラスとマスクをし、顔のほとんどが隠れた状態だ。

   フロリダ州の友人は、「手元にマスクが3枚しかない。1枚はもうクタクタ。でも手に入らない」と心配している。

   高校留学時代のホームステイ先のホストシスター・ダイアンとその夫(カリフォルニア州マデラ在住)も、今では外出時には必ずマスクをするという。彼女の姉のスージー(ウィスコンシン州ミルウォーキー在住)は、数年前まで看護師として働いていた。彼女は今、市内の病院やクリニックのために、マスクを手作りしている。

   この連載でこれまでに何度も書いてきたが、欧米では医療従事者以外がマスクをしていると、重病患者だと思われた。顔を隠すことは表情が見えないために不気味な印象を与え、不安や恐怖をあおる。強盗などの犯罪のイメージと結びつける人も多い。

   マスクを使用する習慣がないため、もともと店舗でも在庫は少なかった。長年、米国に住みながら、普通のドラッグストアでマスクを売っていたことに気づかなかったほど、これまで米国とマスクは結び付かなかった。それだけに今、米国ではいかに事態が深刻化しているかがわかる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中