2020年 7月 3日 (金)

なぜ、このタイミングで... au PAY「ローソン4%還元」の背景を読む

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   KDDIのキャッシュレス決済「au PAY」が、2020年4月13日から「生活応援企画」を実施する。

   加盟店でのポイント付与が倍増になるキャンペーンだが、なぜこのタイミングで行うのか。

  • KDDI×ローソンが本格化
    KDDI×ローソンが本格化
  • KDDI×ローソンが本格化

「どこでも1%」でPayPayに対抗

   au PAYでは通常、税込200円ごとに1ポイント(0.5%)還元だが、キャンペーン期間中は2ポイント(1.0%)となる。また、ローソン、ナチュラルローソン、ローソンストア100での決済は、通常の8倍にあたる8ポイント(4.0%)が付与される。

   IDごとの還元上限は1000ポイント/日、3000ポイント/月。もっとも還元率のいいローソンなら、毎月7万5000円まで対象となる。終了日は未定で、「終了する場合は事前にお知らせします」としている。

   au PAYは19年4月開始で、NTTドコモのd払い(18年4月)、ソフトバンク系のPayPay(18年10月)より後発にあたる。そのため、競合他社に埋もれないよう、このところインパクトのある施策を打っている。

   記憶に新しいのが、この2月から3月にかけて行われた「毎週10億円」だ。最大20%還元となる同キャンペーンは、決済ごとの還元上限がなかったことから、家電量販店などで高額商品を購入するユーザーが続出。途中で条件が一部変わったが、7週すべて最終日を待たず「10億円」に到達した。

   それに続くのが、今回の企画となる。ライバルのPayPayは、4月から基本付与率を0.5%に引き下げ。100円以上の決済を50回以上、もしくは10万円以上の利用で、翌月1.0%になる新制度を導入した(両条件を満たすと1.5%)。ヘビーユーザーでなければ、PayPayを普段使いするメリットは少なくなる。そこに「だれでも&どこでも1%」で乗り込んだのがau PAYだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中