2020年 7月 13日 (月)

金正恩氏に何が...? ミサイル発射に沈黙、金日成主席誕生日も言及なし

印刷
公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   北朝鮮は2020年4月15日、故・金日成主席の誕生日にあたる「太陽節」を迎えた。例年であれば首都・平壌は祝賀ムードに包まれ、金正恩・朝鮮労働党委員長が、金主席と父親の金正日総書記の遺体が安置されている錦繍山(クムスサン)太陽宮殿を参拝するのが恒例になっている。

   だが、国営メディアの報道によると、20年の太陽節に宮殿を訪問したのは「党と政府の幹部と武力機関の責任活動家」で、正恩氏への言及はなかった。さらに、ミサイル発射の翌日には正恩氏の「現地指導」の写真とともに、その事実が報じられるのが通例だが、14日朝のミサイル発射については、16日になっても北朝鮮メディアは沈黙を守っている。

  • 2020年の「太陽節」では、金正恩氏の姿は報じられず、「金正恩」の名前入りの花かごを出すにとどまった(写真は労働新聞から)
    2020年の「太陽節」では、金正恩氏の姿は報じられず、「金正恩」の名前入りの花かごを出すにとどまった(写真は労働新聞から)
  • 2019年の「太陽節」では金正恩氏も参列していた(写真は労働新聞から)
    2019年の「太陽節」では金正恩氏も参列していた(写真は労働新聞から)
  • 2020年の「太陽節」では、金正恩氏の姿は報じられず、「金正恩」の名前入りの花かごを出すにとどまった(写真は労働新聞から)
  • 2019年の「太陽節」では金正恩氏も参列していた(写真は労働新聞から)

動静は4月12日を最後に伝えられず

   北朝鮮は4月11日に朝鮮労働党政治局会議、12日に国会に当たる最高人民会議をそれぞれ開催。正恩氏は政治局会議にのみ出席した。国営メディアが12日、朝鮮労働党政治局会議の出席と「西部地区航空・対空師団管下追撃襲撃機連隊」の視察(視察日不明)を報じており、これが16日時点で報じられている正恩氏の最後の動静だ。

   太陽節では、例年は様々な祝賀行事が行われ、特に105回目の誕生日にあたる17年の太陽節では、大規模な軍事パレードを開催。大陸間弾道ミサイル(ICBM)と見られる新型ミサイルも公開された。それが20年は一転。祝賀ムードを伝える国営メディアの記事が激減し、平壌市内に花が咲いたり、新型トロリーバスが走ったりする様子を伝える程度だ。

   正恩氏は12年から毎年欠かさず太陽節には宮殿を参拝してきたが、 20年4月16日の朝鮮中央通信の記事では、

「金日成主席の生誕108周年に際して、党と政府の幹部と武力機関の責任活動家が15日、錦繍山太陽宮殿を訪れて崇高な敬意を表した」

として、正恩氏への言及はなかった。ただ、配信された写真に映っている花かごには「金正恩」の名前が入っており、現場には赴かずに花かごだけを出した可能性がある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中