2020年 11月 29日 (日)

藤原啓治さん死去、「しんちゃん」野原ひろし役など 「日本の理想のお父さんでした」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   声優の藤原啓治さんが、以前から闘病中だったがんのため2020年4月12日に死去した。55歳だった。

  • 「クレヨンしんちゃん」で主人公の父役を担当(画像はクレヨンしんちゃん公式ポータルサイトから)
    「クレヨンしんちゃん」で主人公の父役を担当(画像はクレヨンしんちゃん公式ポータルサイトから)
  • 「クレヨンしんちゃん」で主人公の父役を担当(画像はクレヨンしんちゃん公式ポータルサイトから)

「クレヨンしんちゃん」「エウレカ」など数多く担当

   藤原さんが代表を務める声優事務所「AIR AGENCY」(東京都新宿区)の公式サイトで16日に発表された。通夜と告別式は親族のみで執り行われ、香典や供花の儀については辞退するとしている。

   アニメ「クレヨンしんちゃん」(テレビ朝日系)の主人公の父「野原ひろし」役や「交響詩篇エウレカセブン」(TBS系)の「ホランド・ノヴァク」役などで活躍し、ナレーターや音響監督も務めた。2016年8月に病気療養のための休業を発表していたが、2017年6月に体調を考慮しながら除々に仕事を再開すると発表され、映画「スパイダーマン:ホームカミング」(2017年公開)の「アイアンマン」役の日本語吹き替えなどを担当していた。

   お茶の間などで慣れ親しまれた声優の訃報に、ツイッターでは、

「心からご冥福をお祈りします。 突然すぎてまだ信じれません」
「子どもの頃からずっと聞いてた藤原さんの声がもう聞けなくなるんだと考えたら本当にショック」
「藤原啓治さん 日本の理想のお父さんでした」
「どのアニメやゲームにでてきても『藤原啓治だ!』ってテンションあがる俺の中で数少ない声優なのに、これから新作をやるときにもうそういう機会がないのかと思うとあまりにも悲しすぎる」
「本当に好きなキャラばっかり 誰もが一度は聞いたことのある声だと思う」
「特別な存在感の人...信じたくない...」

と悔やむ声が上がっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中