2020年 7月 3日 (金)

人気声優が「ブカンカゼちょろい」 発言の谷山紀章、「無配慮で無知」と削除し謝罪

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   声優の谷山紀章さんは2020年4月24日にツイッターを更新し、前日に「ブカンカゼちょろいって思ってる」とツイートしたことに対し「心よりごめんなさい」と謝罪した。

   多くの批判の声が集まった当該ツイートはその後削除されていた。

  • 谷山紀章さんが「不適切投稿」を謝罪(画像は谷山さんのツイートより)
    谷山紀章さんが「不適切投稿」を謝罪(画像は谷山さんのツイートより)
  • 谷山紀章さんが「不適切投稿」を謝罪(画像は谷山さんのツイートより)

中国語でもリプライが

   谷山さんは4月23日に、

「俺正直ブカンカゼちょろいって思ってるけどね」

   とツイートした。

   「ブカンカゼ(武漢風邪)」というフレーズはネット上などで、新型コロナウイルスによる肺炎(COVID-19)を指す言葉として、主に中国を非難する文脈で用いられることが多い。

   このツイートには「無責任なことを言わないで」「何につけても、差別の理由にはなりません」など批判の声が集まり、中国語でも多くのリプライが寄せられていた。

   ツイートはその後削除され、24日の16時40分頃の投稿で、

「昨日Twitter上で不適切な投稿をしてしまった事を謝罪致します。関係者、ファンの皆様、投稿をご覧になった方々へご迷惑をお掛けし、不快な思いをさせてしまった自身の至らなさを痛感しております」

   と謝罪した。

   自身の投稿については「余りに無配慮で無知」「己の無恥を猛省する所存です」だったとし、

「心よりごめんなさい」

   と重ねて謝意を示した。

   なお、当該ツイートの2時間ほど前に投稿された「いやあなんにせよ死にたくないね。死場所は選ばせろい」というツイートは24日17時時点で削除されていない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中