2020年 9月 24日 (木)

「ジョージアの先祖に伝えたい」臨時代理大使、フジパンの「ハチャプリ」に感激 名物料理を商品化

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   ティムラズ・レジャバ駐日ジョージア臨時代理大使が2020年4月22日にツイッターを更新し、フジパンの商品「ハチャプリ」への感動と感謝を伝えた。

  • 画像はティムラズ・レジャバ駐日ジョージア臨時代理大使のツイッターから
    画像はティムラズ・レジャバ駐日ジョージア臨時代理大使のツイッターから
  • フジパンの「ハチャプリ たまご」。エリア限定で販売中
    フジパンの「ハチャプリ たまご」。エリア限定で販売中
  • 画像はティムラズ・レジャバ駐日ジョージア臨時代理大使のツイッターから
  • フジパンの「ハチャプリ たまご」。エリア限定で販売中

「探しに出て真相に迫ります」からわずか2時間後に「感動」

   レジャバ氏は、松屋が販売したジョージア(グルジア)のシチュー料理を元にしたメニュー「シュクメルリ鍋定食」を2019年12月に「大使館のメンバー」で食べに行き、味などを絶賛。一連のツイートが話題となっていた。2020年2月にはジョージアの代表的な料理というチーズ入りのパン「ハチャプリ」のレシピをユーチューブで公開するなど、ジョージア料理を日本のネット上で広めてきた。

   そんな中、4月ごろからツイッターにフジパンの「ハチャプリ」なる商品の写真を投稿するユーザーがみられるようになった。しかし、フジパンの公式サイトには商品として掲載されておらず、スーパーにも売っていないとして、「ジョーク」や「フェイク」、果ては「都市伝説」として考える者も存在した。

   22日にユーザーによって投稿された「フジパンのハチャプリ、実在していた」というツイートの写真には、フジパンとは記載されているものの、包装に記載されているハチャプリの「プ」の半濁点に「20円引」のシールが重なっている。このツイートはレジャバ氏の目に留まり、

「これはハチャプリなのか、それともハチャプリのふりをしたハチャフリなのか、それとも単にそれぶっているハチャブリなのかシールで隠れているせいで判断が付きませんし味見もしなければなりません。そのため、近いうちに実際に探しに出て真相に迫ります。興味大です」

と22日の17時51分に引用リツイートで反応。そして2時間後の19時57分、

「ジョージアの先祖に伝えたいです。ハチャプリは日本にたどり着き、このような発展した形で販売されているのだと。このような感動を与えてくれたフジパンにただただ感謝申し上げます」

とハチャプリの包装や、日本とジョージアの国旗と合わせて投稿した。「※フジパンのロゴはジョージアと日本の国旗と同じで赤と白です」と添えている。ユーザーからは「赤と白。情熱と純粋の色ですね、とても親近感を覚えたステキなツイートでした」「ジョージアの文化的な立ち位置からの国のアピールが素敵すぎる」といったコメントが寄せられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中