2020年 7月 7日 (火)

パチンコ店公表へのラサール石井の発言に「お気楽な立場だよ」 吉村大阪府知事がツイッターで反論

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   休業要請に応じないパチンコ店名を公表したことを巡り、大阪府の吉村洋文知事(44)と、公表を揶揄したタレントのラサール石井さん(64)が、ツイッターでやり合っている。

   きっかけは、俳優の松尾貴史さん(59)が2020年4月25日、パチンコ店に客が大勢集まったとするネットニュースを引用し、「ほれみろ」とツイートしたことだ。

  • 吉村大阪府知事がラサール石井さんに反論
    吉村大阪府知事がラサール石井さんに反論
  • 吉村大阪府知事がラサール石井さんに反論

「宣伝した結果になるの、わからんかったんかな」

   大阪府は、府内のパチンコ店約700店の多くが休業していなかったことを受け、要請を強めて休業を促したうえ、最終的に応じなかった6店の店名を24日に公表した。その後、3店が休業したものの、残りの3店は26日も営業を続けた。

   松尾さんは、パチンコ店の営業前に「ギャンブル依存症の人に、『あそこ営業してまっせ』と教えてあげる事になるやも......」とツイートしており、実際に客が集まったことから思わず本音が出たらしい。

   このツイートを引用して、26日にツイッターで府の公表を批判したのが、ラサール石井さんだ。

「『皆さん、パチンコ屋が軒並み閉まって大変でしょう。今ならここが開いてますよお』と宣伝した結果になるの、わからんかったんかな」

   これに対し、吉村知事は同日、石井さんのツイートを報じたスポーツ紙のニュースを引用して、ツイッターで反論した。パチンコ店に要請を繰り返して詰めてきた経緯があるとして、「ここだけ捉えて『分からんかったの?』とはお気楽な立場だよ。影響力ある立場なら『今だけはやめときましょう』位言えないのかね」とラサール石井さんに苦言を呈した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中