2020年 6月 5日 (金)

内藤大助VS亀田興毅、勝敗を分けたのは... 瞬間最高視聴率50%超え、平成の「世紀の一戦」プレイバック

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   2009年11月29日、さいたまスーパーアリーナは2万を超えるファンで埋め尽くされた。

   ボクシングのWBC世界フライ級タイトルマッチ。王者・内藤大助に挑んだのは、元WBA世界ライトフライ級王者・亀田興毅だ。6度目の防衛を目指す王者、世界2階級制覇を狙う挑戦者。日本人同士による世界戦は、内藤と亀田家の「因縁」もあり世間から大きな注目を集めた。

  • ジャッジは内藤大助の「手数」より、亀田興毅の「正確性」を評価した(写真:ロイター/アフロ)
    ジャッジは内藤大助の「手数」より、亀田興毅の「正確性」を評価した(写真:ロイター/アフロ)
  • ジャッジは内藤大助の「手数」より、亀田興毅の「正確性」を評価した(写真:ロイター/アフロ)

4回まで亀田優位も内藤陣営が発奮した理由は...

   試合開始のゴングが鳴らされると、内藤が積極的に前に出て左右フックで仕掛けた。これに対し亀田は距離を取って左のカウンターを狙う戦法を取った。やや強引にフックを当てにいく内藤を亀田が足を使ってさばく。1回終了後には亀田が両腕を高々と突き上げてアピール。2回2分過ぎには、亀田の左ショートが内藤の顔面を捕らえ、内藤は鼻から出血した。両者のスタイルが変わらぬまま3回、4回と過ぎていった。

   4回終了時に発表された4回までの採点は1人のジャッジが39-37で亀田を支持。残る2人は38-38のドローだった。場内アナウンスで採点を聞いた亀田は首を傾げた。「全部のラウンドを取ってるはずだろ」。亀田のそんな声が聞こえてきそうな表情だった。一方、この採点を聞いた王者サイドは、4回までのファイトスタイルが正しかったと確信した様子で、内藤に「打ち合ってこい」と指示した。

   5回に入ると、亀田の距離に変化が見られた。ガードを高く上げ、内藤との距離を縮めた。そこにはより明確にポイントを取るための意志が感じられた。対する内藤は公開採点が後押ししたようにエンジンがかかり、荒々しい攻撃ながらも手数はさらに増えていった。中盤は亀田をコーナーに詰めて連打で攻め込むシーンがあったが、一方で8回あたりから鼻が大きくはれ上がり、たびたび出血するなど見た目の印象は決して良くはなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中