2020年 9月 20日 (日)

ナイナイ矢部「不要論」が消滅!? 「岡村説教」で評価爆上げ

創業100年以上、大正製薬こだわりの品質。乳酸菌が入ったごぼう茶でいきいきとした毎日を。

   「オールナイトニッポン」(ニッポン放送)で、番組レギュラーを務める「ナインティナイン」の岡村隆史さん(49)が、自身の発言について謝罪したことが注目を集めるなか、相方の矢部浩之さん(48)の評価が急上昇している。

   岡村さんは前週放送で、新型コロナウイルスの感染が続く現状と絡めて経済的に困窮する女性に関する発言を行い、非難が殺到。このため今回、2020年4月30日深夜の放送では冒頭から謝罪を行っていたが、番組開始から40分弱たって現れた矢部さんが公開説教を開始した。

  • 評価が高かった「公開説教」は伝説になる!?
    評価が高かった「公開説教」は伝説になる!?
  • 評価が高かった「公開説教」は伝説になる!?

「バッサリ切って命が助かることもある」

   矢部さんは岡村さんに対し、「そういう(女性を軽視する)人間やと思われてもしょうがない」「芸歴も長くなって、知らん間に偉くなってもうた」などと、岡村さんに慢心が芽生えていたのではないかと指摘しつつ約1時間20分にわたって説教。この論調に対しては、ネット上で、「矢部が岡村に説教した時の言葉。納得のいく言葉ばかりで心にグサっと刺さった...ハッキリ言ってくれる関係って本当にいいよね」といった賛同の声が上がるなど、矢部さんへの絶賛が殺到したが、他にも、

「たぶん今夜のANNは、漫才における『ツッコミ』という存在が最も本質的な仕事をした放送として日本芸能史に残っていくんだと思う。バッサリ切って命が助かることもある、外科医みたいなもん」

と、矢部さんが自身の役割を最大限に発揮したと指摘する声もある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中