2020年 6月 5日 (金)

KjとZeebra「因縁の2人」が同じ番組に出演 「歴史的瞬間」期待も...?

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ロックバンド「氣志團」のボーカル・綾小路翔さんがMCを務める音楽特番「STAY HOME, STAY STRONG~音楽で日本を元気に!~」(フジテレビ系)が2020年5月6日深夜に放送された。

   アーティストがそれぞれの家から楽曲を披露するという番組だが、音楽ファンの間では「因縁の関係」として知られるロックバンド「Dragon Ash」のボーカル・Kj(降谷建志)さんとラッパー・Zeebraさんが共に出演したことが話題を呼んだ。

  • 「因縁の関係」共演に期待が集まった(『STAY HOME, STAY STRONG~音楽で日本を元気に!~』公式サイトより)
    「因縁の関係」共演に期待が集まった(『STAY HOME, STAY STRONG~音楽で日本を元気に!~』公式サイトより)
  • 「因縁の関係」共演に期待が集まった(『STAY HOME, STAY STRONG~音楽で日本を元気に!~』公式サイトより)

02年の「公開処刑」でKjを痛烈批判

   Dragon Ashはヒップホップ、パンク、ラテンミュージックなど様々な音楽を融合させた「ミクスチャーロックバンド」として知られる。Kjさんは99年発売のDragon Ashのシングル曲「Grateful Days」でZeebraさんと共演。CDは90万枚を超えるヒットを記録し、Zeebraさんが曲中で披露した「俺は東京生まれヒップホップ育ち」というフレーズは広く知れ渡った。

   しかし、Zeebraさんは02年に所属するヒップホップユニット「キングギドラ」の楽曲「公開処刑」でKjさんについてラップで言及。当時若者から高い人気を得ていたKjさんのラップスタイルが自身のスタイルの模倣だと批判するもので、「おめえのグレートフルデイズも今日まで」とかつてのヒット曲を引き合いに出して「ディス」(貶す)をかました。

   この一件以降、KjさんとZeebraさんの音楽的な共演は見られず、音楽ファンの間では2人の関係を「因縁の関係」だとする認識が広まってきた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中