2020年 6月 2日 (火)

「老いは恥ではない」元ヘビー級王者の復帰理由 タイソン、ホリフィールドは...?

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ボクシングの元世界ヘビー級王者の「カムバック」が話題を呼んでいる。元世界ヘビー級3団体統一王者マイク・タイソン(53)=米国=とイベンダー・ホリフィールド(57)=米国=がリング復帰を示唆している。

   タイソン、ホリフィールドともにエキシビションマッチでの復帰を計画しており、2人のレジェンドの動向に世界中のボクシングファンが注目している。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

豪州プロモーター、タイソンに1億円オファー

   専門サイト「ボクシングシーン」によると、53歳のタイソンにオファーを出したのは、オーストラリアのボクシングプロモーターであるブライアン・アマトルダ氏だ。アマトルダ氏は、タイソンがSNS上で公開したミット打ちなどの練習動画を見てすぐさまタイソンの代理人にオファーを出したという。ファイトマネーは約1億円で、対戦相手には元ラグビーの人気選手でボクシングに転向した選手など複数の候補を挙げている。

   一方のホリフィールドは、57歳にしてエキシビションマッチのリングに上がろうとしている。ホリフィールドは5月3日に自身のツイッターを更新しリング復帰を示唆。専門サイト「ボクシングニュース24」によると、57歳のホリフィールドの体は40代前半のようにみえ、体調を崩していないことからエキシビションマッチのリングに上がるのはそれほど難しくないだろうと分析している。

   タイソン、ホリフィードともにヘビー級の一時代を築いたレジェンドだ。両者は1996年11月に拳を交え、王者タイソンが挑戦者ホリフィールドに11回TKO負け。王者、挑戦者と立場が変わって行われた翌年97年6月の再戦では、タイソンが3回終了失格負けを喫した。この試合でタイソンがホリフィールドの耳に噛みつき、ボクシング界では「世紀の耳噛み事件」として知られる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中