2020年 6月 3日 (水)

「中国起源説」に怒る国営新華社通信 海外報道へ「リアリティー・チェック」で反論

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   新型コロナウイルスによる感染症(COVID-19)をめぐり、情報戦も活発しつつある。とりわけ中国が神経をとがらせているが、米国のトランプ大統領が口にした「中国ウイルス」といった名称や新型コロナが「中国起源」だとする説だ。

   その一環として国営新華社通信は、「リアリティー・チェック」をうたう記事を配信。中国をめぐる批判に根拠や資料をまじえながら反論する内容で、世界中で広がるファクトチェックの手法をまねたとみられる。ただ、国際的なファクトチェック団体では、ファクトチェックには「非党派性と公正性」などが求められるとしており、今回の「リアリティー・チェック」とは距離がありそうだ。

  • 中国外務省の華春瑩副報道局長のツイート。「COVID-19に関する24の嘘と事実」という1文とともに、「リアリティー・チェック」をうたう新華社通信の記事を紹介した。
    中国外務省の華春瑩副報道局長のツイート。「COVID-19に関する24の嘘と事実」という1文とともに、「リアリティー・チェック」をうたう新華社通信の記事を紹介した。
  • 中国外務省の華春瑩副報道局長のツイート。「COVID-19に関する24の嘘と事実」という1文とともに、「リアリティー・チェック」をうたう新華社通信の記事を紹介した。

米メディアが「中国に責任転嫁するために、ある種のとんでもない疑惑や嘘を捏造」

   新華社通信の記事は、「COVID-19について米国が中国に対して行った主張のリアリティー・チェック」と題して2020年5月10日に英語で掲載。新型コロナウイルスをめぐる24の論点について中国側が反論する内容だ。ほどなくして中国外務省の華春瑩報道局長もツイッターで、「COVID-19に関する24の嘘と事実」という1行とともに、記事の概要をまとめた画像つきで記事へのリンクを紹介した。

   記事ではまず、自らが「真実」を報じる意義を

「最近、一部の米国メディアは、COVID-19への不十分な対応について中国に責任転嫁するために、ある種のとんでもない疑惑や嘘を捏造している。しかし、リンカーンが言ったように『すべての人を一時的に、そして一部の人たちを常にだますことはできるが、すべての人たちを常にだますことはできない』。嘘は真実の光の中で蒸発する。事実に語らせる時が来た。今後も、新たな嘘が出てきたときには、真実を世界に知らせていく」

などと主張した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中