2020年 6月 3日 (水)

「コオロギせんべい」だけじゃない! 国内メーカーでも広がる代替食品の動き

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   世界の人口増加による食糧不測の懸念や、健康や環境問題への意識の高まりから、代替肉や植物由来の食べ物が注目を集めている。

   日本国内でも、家畜の代替食品の開発を行う企業が増えつつあり、直近では無印良品で知られる良品計画が「コオロギせんべい」を発売するとして話題を呼んだ。

  • 良品計画「コオロギせんべい WEB特集ページ」より
    良品計画「コオロギせんべい WEB特集ページ」より
  • イオントップバリュの「Vegetive」
    イオントップバリュの「Vegetive」
  • 良品計画「コオロギせんべい WEB特集ページ」より
  • イオントップバリュの「Vegetive」

「コオロギせんべい」がトレンド入り

   良品計画(東京都豊島区)は、徳島大学大学院兼徳島大学発ベンチャーCEOである渡邉崇人博士とともに、環境問題への提案と昆虫食の開発を行っている。2020年5月13日、無印良品のネットストア上で20日より「コオロギせんべい」の販売を行うと発表した。この発表は、インターネットを中心に話題となり、ツイッターでは「コオロギせんべい」がトレンド入りを果たした。

   良品計画は「コオロギが 地球を救う?」という特設サイトを設置し、

「栄養価が高く環境への負荷も少ないことから、国連食糧農業機関(FAO)も推奨。 まだ抵抗感をもつ人も多い食材ですが、無印良品は徳島大学と連携してコオロギ粉末入りのせんべいを開発しました。地球にやさしい未来食です」

と、家畜の代替としての昆虫食が注目され始めていると述べる。

   ツイッター上では、「コオロギせんべいが話題になってるけどコオロギってプロテインがわりにいいかもね 今度見つけたら食べてみよう」、「タンパク質の生産として見ると虫食の効率良すぎる。みんなコオロギ食べよう」といった昆虫食に前向きな声が上がった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中