2020年 7月 3日 (金)

5月19日は「ボクシングの日」 敗戦後の日本に「希望の光」与えた世界王者

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   1952年5月19日、日本で初めてのボクシングの世界王者が誕生した。東京・後楽園球場で世界フライ級タイトルマッチが行われ、挑戦者・白井義男が王者ダド・マリノ(米国)を判定で破り王座を獲得した。4万の大観衆が見守る中、世界初挑戦の28歳が日本人として初めて世界のベルトを腰に巻いた。

   日本プロボクシング協会は2010年、白井氏の功績を称え5月19日を「ボクシングの日」に制定した。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

「理事会では全会一致で決まりました」

   2010年当時、東日本ボクシング協会の副会長を務めていた協栄ジムの金平桂一郎会長(54)は、「ボクシングの日」が誕生した経緯について次のように語った。

「その当時、ボクシング界には記念日がありませんでした。そこでボクシング界にも何か記念日を作ろうということで、大橋(秀行)会長(当時・日本プロボクシング協会会長)が声を上げました。大橋会長はかねてから考えをお持ちだったようで、日本で初めての世界王者が誕生した5月19日をボクシングの日にしようと。理事会では全会一致で決まりました」(金平会長)

   白井氏は第2次世界大戦の最中の1943年にプロデビューを果たすも44年に海軍に招集された。45年の復員後は再びプロボクサーとしてリングに復帰。49年1月に日本フライ級王座、同年12月に日本バンタム級王座を獲得した。白井氏はマリノの王座に挑戦するまでに、2度マリノとノンタイトル戦で拳を交えている。51年5月の初戦は判定負け、同年12月の再戦では7回TKO勝ちしている。

   白井氏の世界王座奪取を語る上で欠かせないのがアルビン・R・カーン氏の存在だ。カーン氏は連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)職員の生物学者であり、通称「カーン博士」として知られている。カーン氏は白井氏の才能を見出し、当時最先端の科学的トレーニングの導入、徹底した健康管理などを行った。コーチだけではなく、マネジャーとしても手腕を発揮し、白井氏を世界の舞台へと押し上げた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中