2020年 6月 1日 (月)

「命あってのスポーツだし高校野球がすべてじゃない」 甲子園開催署名に元プロ選手が持論

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   中止が検討される今夏の全国高校野球選手権大会(以下、夏の甲子園)の開催に向けた署名活動が行われていることに対し、元プロ野球・中日ドラゴンズの友永翔太さんは「命あってのスポーツだし高校野球がすべてじゃない」と持論を示した。

   友永さんは高校時代、春・夏ともに甲子園出場経験がなく、大学、社会人野球を経てプロ入りしていた。

  • 夏の甲子園「開催署名」に元プロ選手が持論(画像はイメージ)
    夏の甲子園「開催署名」に元プロ選手が持論(画像はイメージ)
  • 夏の甲子園「開催署名」に元プロ選手が持論(画像はイメージ)

1万人超える署名集まる

   今夏の甲子園は、新型コロナウイルスの感染拡大により中止が検討されていると複数のスポーツ紙が報じている。

   報道を受け、大阪市でトレーニングジムなどを運営するアスリートワークスは、日本高等学校野球連盟(高野連)と朝日新聞社に対し、夏の甲子園の開催を求める署名活動を署名サイト「change.org」で2020年5月15日に開始。19日には署名活動を取り上げたスポーツ紙の記事がインターネット上で話題となり、20日正午までに1万5000人を超える署名が集まっている。

   しかし、ツイッター上では「署名でどうこうする問題じゃないと思う」「感情論での開催は反対」と署名活動に対する批判的な意見も目立っていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中