2020年 11月 26日 (木)

感染リスク、大会運営費、世間の声... 夏の甲子園が無観客開催も出来なかった理由

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   日本高野連は2020年5月20日、今夏に甲子園で開幕を予定していた第102回全国高校野球選手権を中止することを発表した。

   高野連はこの日、オンライン会議方式で運営委員会を実施し、選手権大会の中止を決めた。新型コロナウイルスの影響を受け、選手らの安全、健康面を考慮して苦渋の決断を下した。夏の選手権大会が中止となったのは米騒動による1918年と第2次世界大戦で中断した41年に次いで3度目となる。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

高校総体は移動や宿泊時の感染リスクで中止決定

   新型コロナウイルスの影響により、春の選抜大会に続いて夏の選手権大会も中止に追いやられた。3月11日に春の選抜大会の中止が決定し、出場を決めていた32の代表校が涙を飲んだ。ウイルス感染の収束を待ちながら全国の高校球児が夏の選手権大会に望みを託したが、全国最多の感染者を出している東京では4月上旬から中旬にかけて感染者数が急増し、先の見えない状況が続いていた。

   このような状況を踏まえ、今夏に予定されていた全国高校総体体育大会(インターハイ)は4月26日に中止を決定。高校総体が中止となったのは1963年に第1回大会が開催されてから初めてで、全国高体連の岡田正治会長は「競技中だけでなく、移動や宿泊時の感染リスクも大きい」と中止に至った理由を説明。高体連が高校総体の中止を決めたことで、同じく高校の部活動の延長線上にある選手権大会の行方に注目が集まっていた。

   今回、夏の選手権大会が中止となった大きな要因は地方大会のスケジュールにある。当初の予定通り8月10日に開幕することを想定すれば、少なくとも7月中旬までに全国の地方大会が開催されなければ間に合わない状況にあった。政府が5月14日に緊急事態宣言を39県で解除したものの、東京など地域によっては感染のリスクが十分には軽減しておらず、地方大会開催へ向けて47都道府県の足並みをそろえることは現実的ではなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中