2020年 10月 23日 (金)

昆虫の「食レポ」で株上げた? 「夜ふかし」出演のエイトブリッジ別府、独特の言語センスに注目

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   お笑いコンビ・エイトブリッジの別府ともひこさんが2020年5月26日、テレビ番組「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系)に出演し、今話題の「昆虫食」に挑戦した。

   その果敢な態度と独特な味の解説が、視聴者の間で大きな話題を呼んでいる。

  • 事務所公式サイトより、左が別府さん
    事務所公式サイトより、左が別府さん
  • 事務所公式サイトより、左が別府さん

「ボンドが手に付いた際に間違えてなめてしまった時の味」

   この日、番組の前座を担当していると紹介された別府さんは東京・上野の上野アメ横センタービル地下食品街に設置された自動販売機で購入できる「昆虫食」にチャレンジ。

   昆虫食と言えば近日、無印良品から「こおろぎせんべい」が発売されたことも記憶に新しいが、こちらはありのままの虫を乾燥させた少々上級者向けとも言える逸品だ。虫の種類はバッタ、タガメ、フンコロガシと多岐にわたり、お値段も数百円から数千円と幅広く存在している。

   別府さんは「事故でしか食べたことないですよ!」と、バイクに乗った際に偶然コバエや蛾が口に入った経験を明かしながらも、次々と虫をバリバリと咀嚼。

   幼少期に物をなめる癖があったことから、タガメを「ボンドが手に付いた際に間違えてなめてしまった時の味」、カブトムシを「樹液っていうんですか?それを舐めたときの味」と、分かりやすそうで分かりにくい独特の表現で紹介した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中