2020年 7月 9日 (木)

明石家さんま、リモート&ディスタンス収録で危機!? 「参加型MC」がゆえに...

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   お笑いタレントの明石家さんまさんが2020年5月26日、自身の冠番組「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)に出演し、この日の放送分が番組史上初のリモート収録であったことを明かした。

  • さんまさんのスタイルが封じられる?
    さんまさんのスタイルが封じられる?
  • さんまさんのスタイルが封じられる?

両脇に高級アクリル板を設置

   新型コロナウィルス感染防止対策のため、10人のゲストのうち4人がスタジオ、6人が別室からのリモート出演となった今回の放送。さんまさんの両側には反射の少ない「高級アクリル板」が設置され、出演者らに近寄らないための対策が取られていた。

   こうした「新型コロナの影響」に、さんまさんは「今どの番組でも俺(の立ち位置に)線引いてあるんですよ...」とポツリ。自身が今まで共演者に近寄ってツッコミを入れるスタイルの「参加型MC」であるからこその制限に戸惑いを隠せない様子を見せていた。

   なお、アクリル版はゲストとして出演したモデルのみちょぱさんが「ぶつからないように気を付けてください!」と心配する程の透明度で、これらは日本テレビのドラマ班が「撮影で使いたい」と申し出る程のものだそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中