2021年 4月 13日 (火)

航空自衛隊「撮影担当者たちは頑張っていたのですが...」 ブルーインパルス中継「不調」、想定超える混雑が一因?

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

撮影は他の地点からも

   配信現場では何が起きていたのか。J-CASTニュース編集部が29日午後、防衛省航空幕僚監部の広報室を取材した。ライブ配信の不調ぶりについては、「伝わってきております」とのことで、配信テストを事前に行った際にはうまくいったのだが、多くの同時視聴者が集まり回線が想定以上に混んでしまったようだ、と明かした。検証をして今後に生かしたいとしている。撮影場所は防衛省の庁舎の「高い場所」から行った。飛行ルートは分かっていたので、事前の準備も含め、「撮影担当者たちは頑張っていたのですが...」とも話していた。

   一方、動画や写真の撮影場所は、ライブ配信を行った地点だけではなかった。「他の場所で撮影した映像・写真もあり、できれば後日、何らかの形で公開できれば、と考えています」とも明かした。

   ライブ配信時の「チャット」(コメント)欄には、映像の不調への不満の声だけでなく、「(編注:撮影・配信の)担当さん頑張れ」「ちょっと見えた」「医療関係者じゃないけど元気出ました。ありがとう」といった声も寄せられていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中